読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

2016年 筆納め

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1300

Chers mes amis

f:id:y-nomu-1985:20161231224345j:plain

 

2016年。


ある二人の人物から耳にたこができるぐらい言われ続けたこと。

それは、

 

「なぜ、目の前の人にそのサービスを伝える必要があるのか?」

「なぜ、コピーライティングのスキルを使って商品を売らなければいけないのか?」

「なぜ、コピーライターでなければいけないのか?」

そして、

「なぜ、”のむら”でなければいけないのか?」

 

今年一年を振り返ると、
その答えを考えて、考えて、考えまくってきた。


そして、自分なりの答えが少しずつ見え始めてきてから人間的な成長度が一気に跳ね上がったように思う。それに比例するかのように、仕事の売上にも成果が出始めた。

 

逆に言えば、こうした自分のマインドや軸がなかったとしたら・・
おそらく今年の目標を何一つ達成できずに終わったことだろう。


    自分に軸がない起業家によくありがちなパターン


せどり、転売、自己アフィリ、アフィリエイト、不動産投資、海外積立投資、覆面モニター、アンケートモニター、エアビ、株、FX、MLM、LINEスタンプ販売、情報商材販売、オークション・・

 

去年の11月に独立して以来、仕事上いろんな職業の人に出会う機会が多かった。

と、同時に「お金を稼ぐ」ということだけを考えれば、いろんな方法があるのだと知った。

 

会う人の中には明らかに詐欺っぽいネットビジネス系の人もいたりして、危うく乗っかりそうになったことは一度や二度じゃなかった。苦笑

 

ただ、その中でも一番たちが悪い人というのが、一見それっぽいことを言って自分達の活動を無理やり正当化しようとしたり、「お金儲け」=「お金の亡者」的な発想で綺麗事ばかりしか言わない人。

この人達の本心はどこにあるのだろうか・・全然信用できなかった。

 

もちろん、自分の仕事に誇りを持って活動してる人もいた。でも、やっぱり数は圧倒的に少ないように思う。(あくまでも個人的な意見)


お金が底をついてヒイヒイ言ってた頃、もし自分に軸がなかったとしたら、たぶん俺は”楽して簡単にお金を稼げる系”いわゆる「魔法の薬」をアレでもない、コレでもないと言って探していたと思う。

これが俗に言う、「魔法の薬症候群」っていう起業家病なんだけどね。笑

 

どうやら俺みたいに勢いだけで独立した人はこの病気にかかる人が多いらしい。そして、この病気を防ぐためには、たった一つの方法しかない。

 

『なぜ、その仕事をしなければいけないのか』

 

それを死ぬほど考えること。


         2016年の宣言を振り返る


『僕には言い訳など何もない』

 

去年の大晦日、この言葉と共に2016年を生き抜くと宣言して、そして1年後の今日。
今年を振り返ると、なんだかんだ大いに言い訳してる自分がいたね。笑

 

あいつが悪いから、こいつが嫌いだから、環境が悪いから、金がないから、国がどうしようもないから、政府がクソだから、景気が悪いから・・バカヤローって。笑


本当に愚痴りたくなることばかりだった。

 

でも、それらすべて、
「どんな結果も全てテメェーの自己責任だ」と考えることができるかどうか。
それが起業1年生にとっての最初の試験なのだと今ならよくわかる。

 

ちなみに、あの松下幸之助さんもこう言っている。

 

「雨が降っても自分の責任」


んなことあるかい!!!

残念ながら、ここまで言い切れる偉人の域にはまだ程遠いようだわ。笑


    人生でワープをしたけりゃ”北極星”を見つけろ!


「今度、道に迷ったらポラリス北極星)を探せばいい。

他の星は動くけど、ポラリスだけは動かないんだ」

「僕が、君のポラリスになるよ」


冬ソナファンで、しかも、男なら一度は大好きな女性に言ってみたいあの有名なセリフ。
これは何も恋人同士だけじゃなく、ビジネスの師弟関係にも当てはまると思う。
書き換えるとこんな感じかな。


「道に迷ったらメンターを探せばいい。

一人では方向や軸がブレがちだけど、メンターがいれば軌道を修正してくれる」

「メンターが、あなたをワープさせてくれるよ」

 

これだけははっきりと言い切れる。

 

人生のステージをワープしたいなら、素晴らしいメンターを持つことだ。

 

それが今年一年自分の肌で感じた一番の教えかもしれない。

 

ということで、

最後に、冒頭に書いた二人の人物を紹介して今年を締め括りたい。

今、こうしてしっかり一人で立つことができるようになれたのは、この二人のお陰であるのは疑いようのない事実。


そう、この二人が紛れもない僕のメンターです。
https://youtu.be/dpxAOdS519M

 


2017年、少しでも彼らに近づけるように、

もっと仕事に惚れ込もう!もっと失敗しよう!もっと挑戦しよう!もっと人を理解しよう!もっとユーモアのある人間になろう!もっと儲けよう!もっと人格を磨こう!そして、もっとカッコイイ男になろう!


今年も一年直接的に、そして間接的にお世話になりました。
来年も今年同様よろしくお願いします、などとは軽々しく言いません。

 

その恩は言葉ではなく行動で返します。

本当にありがとうございました。

 

あなたも来年が素晴らしい一年になりますように。

刃を研ぐ習慣

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1307

Chers mes amis

f:id:y-nomu-1985:20161225192255p:plain


いよいよ2016年も残り1週間だね。


どう、元気にしてる?調子はどう?もうすぐ仕事納めかな?仕事頑張ってる?風邪とか引いたりしてない?

そうね、この時期はみんなバタバタしてるよね。
でも中には頑張りすぎちゃってこんな感じになってない?

 

        年の瀬になるにつれて・・

 

✅この時期になると肉体的にも、精神的にも疲れきってくる・・その上、年末までに片付けないといけない仕事がまだ残ってる・・
✅ゆっくり本を読みたいし、映画も見たい。でも、年末にかけてバタバタ忙しない時間を過ごしている気がする・・
✅お客さんや周りの人には十分貢献したし、ありがたいことにそれなりの評価も受けてきた。でも、自分への貢献を全然してこなかったような気がする・・
✅明らかに体力が落ちている。。運動をしたいと思ってるけど、結局めんどくさくなって何もできずにいる・・
✅せっかくの休日にもかかわらず、寝て過ごしてしまった。。。このところ休みは何もやりたいことができていない気がする・・
✅そういえば自然という自然に長い間触れていないかも。。山や海に出かけてリフレッシュしたいな・・
✅新しいスキルを身につけたいし、資格の勉強もしたい!でも日々の仕事をこなすことで精一杯だ・・
✅単調な毎日を過ごすことに精一杯で、なんだか最近ワクワク感が足りてない気がする・・


20年も30年も生きてれば日々の生活って結構単調な生活になってくるでしょ?

それは何もあなただけじゃないよ。俺も同じ。


そうなった時にこの習慣は必要だよ。

 

         第七の習慣:刃を研ぐ

 

名著「7つの習慣」の著者であるコヴィー博士はこう言ってる。

 

「人生で最も成果を生み出す投資とは、自分自身に投資することだ。
つまるところ、人生に立ち向かうために、そして貢献するために使える道具は、自分自身しかない。
効果的に人生を営むためには、肉体、精神、知性、社会・情緒、それぞれ4つの側面について、定期的に刃を研ぐ時間をとらなければならない」

 

ちなみに、これ、物理学の世界で「エントロピーの法則」とも言うみたい。
新しいエネルギーの投入がないと、物事は劣化していくという法則らしい。 


要は、何年もメンテナンスもせず、走らせまくった車に不具合が出やすくなるように、何ヶ月も、何年もただ何となく何も考えずに日々の生活にどっぷり埋没して生きてると、人間も次第に劣化していくよってこと。


いや〜それは物凄くマズイね・・・

 

と言うことで、

先月の終わりに「刃を研ぐ旅」をしてきたよ。

 

          6年ぶりの知覧

 

前にも書いたけど、間違いなく今の自分の人生にものすごい影響を与えたのは、鹿児島県にある知覧という町を訪れたこと。
誰だってあるでしょ?そんな聖地や聖域みたいな場所がさ。

 

いつか、もう一度行こう行こうとは頭の片隅にあったけど、忙しい、時間がない、お金がない、って、なんだかんだ理由付けて、人生を彷徨い続けてたらこんなに時間が経っていた。苦笑 

 

少しずつ忘れかけてるなぁ、あの初めて知覧を訪れた衝撃を・・そう思って、2016年の目標に、「知覧に参拝しに行く」という目標を設定したんだよね。

 

で、先月の29日に6年ぶりに知覧に行って来たよ。
羽田を朝早く出発して、鹿児島空港から車借りて、知覧の特攻記念館に直行。一人静かに当時の特攻隊員の人達を偲ぶ。

そして、それと同時に、

 

生きてる幸せ。いつか死ぬ怖さ。命の使い方。人生の生き方。泣く泣く彼の地に飛び立った特攻の人達の分まで希望を持って今の俺は生きているだろうか?などなど・・嫌でも考えさせられる不思議な空間なんだよね、この知覧て街は。

 

日々の生活を忙しなく生きてると、考えたくてもなかなか考えられないことってたくさんあるでしょ?そういう時は環境を変えるのがいいよ。しかも、初心に返れる場所が。

 

6年ぶりに知覧に来て感じたのは、
やっぱりここは毎年来た方が良さそうだ。そう強く思ったね。


      日本各地に散らばる仲間を訪ねて


せっかく東京から鹿児島に行くんなら、そのまま日本各地に散らばる仲間を一人一人訪ねよう。そう思って、知覧の後に、宮崎、福岡、大阪、名古屋と何年ぶりかに同志を訪ねてきた。

 

どう、元気にしてる?最近どう?仕事頑張ってるか?頑張りすぎて体壊してない?
そんな感じで、こちらも何年ぶりかの再会を果たしてきたよ。

やっぱりいいもんだね、面と向かって膝を交えてゆっくり酒を酌み交わす旅というのは。

 

自分の軸をもう一度見つめ直すために、瑞々しい気持ちを取り戻すために、どんなに忙しくても”刃を研ぐ習慣”はやったほうがいい。そう肝に銘じておこう。

 

と言うことで、

また飯でも食べに行こうよ!ふらっと時間作って会いに行くからさ(^ ^)

じゃ、また! 

 

Cheers!

 


PS.

そうそう、わたくし先月法人化しました。会社を創ったよ。
会社名は、「合同会社ディアニッポン」。

親しみを込めて、このブログの名前を会社名にしたよ(^ ^)v

 

 

PPS.

ちなみに、今は資本金1円でも会社を創れるからね。
あと、統計上5年以内に80%の会社は潰れるらしい。笑

 

だから、会社を創る事自体に何も凄みや感動はないよ。ただの箱だよ、ハコ。
結局、会社創って世の中にどんな価値を提供できるかでしょ?

だから、とにかく信用を創り上げて、儲けます!!

以上!