Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ

マインドセット

本当の自分ってどこにいる?

親愛なる3年後を見据える同士へ まだ20代前半だった頃。僕はバックパック一つ背負って、インドや東南アジアを放浪していたことがある。アルバイトで貯めたわずかな所持金を持って、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。今風に言えば「自分探しの旅」という…

あたりまえを疑え!

親愛なる希望に燃える同士へ (そろそろ新商品のアイデアやコンセプトを考えなくちゃ・・) もしあなたも僕と同じビジネスを営む人間なら、 こんな悩みを一度は抱えたことがあるんじゃないかな。 でも、なかなか新しい企画が決まらず時間だけが過ぎていく。…

ホントにあった悲しいすれ違い・・

親愛なるチキン南蛮好きの同志へ 店側が提供していると思ってる「価値」。 お客さんが実際に感じてる「価値」。 時に、そこには大きな溝があることがある。 『このサービス、絶対お客さんは気に入ってくれるはずだ!』 でも幸か不幸か、提供者の「良かれ」が…

アイデアのちから

親愛なる”ショーシャンクの空に”好きの同志へ 「アイデアとは、今ある要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」 この言葉は、世界的な名著『アイデアのつくり方』の著者、ジェームス・W・ヤングの言葉。 どんなに革新的なアイデアと言われるモノでも、 …

知識が”知恵”に変わる瞬間

親愛なるガッツ溢れる同士へ 「知ってるだけでは、実際の現場では使えない」 よく聞くよねー、この言葉。 当然だけど、 知識を増やすだけでは良い結果は手にできない。 経験や行動が伴うからこそ結果がついてくる。 その時だね。はじめて知識が”知恵”に変わ…

才能という名のプレゼントを。

親愛なる日々努力を惜しまない同士へ gift。日本語に直訳すると贈り物。 実はこの英単語には、もう一つ別の意味がある。 天から与えられたもの。つまり「才能」のことだ。 人は、自分ができないことをできる人を見て、 「あの人は生まれ持った才能がある」や…

誰に、何を、どのように?

親愛なる将来の日本を背負って立つ同志へ これはもう今じゃあ、言わずと知れた周知の事実。 整骨院、歯医者、美容院は、今やコンビニよりも数が多いということ。 コンビニの数がざっと5万店。歯医者は約7万軒。 美容院の数はなんとコンビニの3.4倍の17万店舗…

35歳転職定年説ってウソ?ホント?

親愛なるくすぶる同志へ JR京浜東北線の車内。こんな広告が目に飛び込んできた。 「条件は、今よりいい会社。以上。」 転職情報会社、DODA(デューダ)のキャッチコピーだ。そして、サブタイトルにこう書かれていた。 「給料とか残業とかそういう理由じゃダ…

複利曲線を描け!

親愛なる資産運用に興味のある同志へ もしも、タイムマシンがあるのなら・・・ 今から10年前にセットして、社会人として働き始めた23歳の自分に会いに行くだろう。 そして、はっきりとこう伝える。 「稼いだお金を複利で運用しろ!」と。 23歳の青年よしのり…

成長曲線を描け!

親愛なる成長欲にまみれた同志へ 「人はどんな分野でも、ある一定のレベルには必ず達することができる」 これは俺が絶対的に信じてる価値観の一つ。 もっと簡単に言えば、 「やれば何でもできるようになる」ということ。 それこそスポーツの分野でも、語学の…

やめるな

親愛なる日々孤独と闘う同志へ 物事がうまくいかないとき 自分の進み道がずっと登り坂に思えるとき 貯金は少なく、借金ばかりがかさむとき 笑いたいのに、ため息しか出ないとき 心配事で心が押しつぶされそうなとき 人間関係のトラブルで生きることが苦痛で…

お金と幸せの答えとは?

親愛なる幸せを探求する同志へ 昔誰だったか、、、 「何か知識をインプットしたら、72時間以内にアウトプットすると知識に定着する」 そんなことを聞いたことがある。 ということで、さっそくこの場を借りてアウトプットすることにしよう。 何をインプットし…

願うことならば・・・

こりゃまったく、ひどい話だわ・・・ 最近、ニュース見た?成人式で着る衣装を貸し出す業者が飛んだって話。 どうやら被害者は数百人にのぼるみたいね。 お金を受け取っておきながら、約束した品やサービスを提供しない。 しかも、計画的に倒産してあとは知…

大切なものは目には見えない

Chers mes amis それは何気ない一言から始まった。 「のむぴーさぁ、サンタさんやってくんない?」 12月の初め。そう、保育園を経営する知人からオファーを受けた。 突然訪れた、憧れのサンタさん役のオファー。 誰もが一度はやってみたいと思う憧れの役。 …

この記事、見た?

Chers mes amis From:横国大 今日は世間は気まぐれだという話。ちょっと前にこんなニュースが報道されてたね。 『みずほフィナンシャルグループ(FG)が1万9000人の人員削減を発表し、三菱UFJと三井住友の両FGがそれぞれ9500人、4000人相当の業務量削減を検…

振り向くな君は美しい

Chers mes amis From:お台場 見ての通り、格闘技の試合の写真。先日、知り合いのキックボクシングの試合を観戦してきた。 「野村さん、良かったら自分の試合を見にきてください」そう知人から言われて、即答。 「もちろんです。力一杯応援させて頂きます」 …

あの超一流企業から学べること

Chers mes amis 一昨日iPhone Xが発売されたね。 表参道のアップルショップは500人以上の行列ができたらしいよ。 毎回思うけど、なんなんだろうね、この熱狂は。苦笑 アップルが新モデルを発売するたび毎回ちょっとしたお祭り騒ぎになる。 一企業の商品がこ…

来たるべき将来に備えて・・・

Chers mes amis FROM:新宿大ガード下の松屋。 小腹が空いたらここに限る。 いつものように大好きなビビン丼を注文し、料理が運ばれてくるまでiPhoneを開いてしばし時間をつぶす。 「オマタセシマシタ」 ニッコリと笑顔で料理を運んでくる女性店員さん。満面…

横浜3年目。今思うこと。

Chers mes amis 10月。2017年も残すところ3ヶ月。 さぁ今年もラストスパートだー!なんて心機一転気を引き締める人も多いんじゃないかな。 もちろん、それは俺にとっても例外じゃない。 10月という月は自然と気が引き締まる。というのも、2年前ここ横浜で勝…

色眼鏡をはずせ!

Chers mes amis 個人的にスポーツを題材にした映画が好きだ。 「ミリオンダラー・ベイビー」「オールド・ルーキー」「ロッキー」「シービスケット」のような、いわゆる陽の当たらない三流から一躍スターダムに駆け上がるものから、 「タイタンズを忘れない」…

人生ステージを劇的に変える3つの変数とは?

Chers mes amis もうかれこれ10年ぐらい経つかな。 ある一つの疑問をずっと心の中に持ち続けていた。 その疑問の答えがどうにもこうにもわからない・・・ こんなに学んでいるのに、こんなに考えているのに、どれもこれもしっくりこない。 帯に短したすきに…

決して大声では言えない不都合な真実<投資編>

Chers mes amis 「ワッパの法則」 ちなみに、この法則聞いたことは? じゃあ、この絵を見たことは? ・・・・・ない。 ごめん、 あらかじめ言っておくね。 こんな法則など存在しない。 なぜなら、いま俺が考えたものだから。笑 ちなみに、この絵もさっき俺が…

見栄とプライドの狭間に揺れて・・・

FROM:ソウル ソウル市内をプラプラ歩いてみる。すると、あることに違和感を覚える。 それは、 日本車を全然見かけない。 ヒュンダイやキアといった韓国車はたくさん見かける。それは、当然わかる。 日本車を見かけたとすれば、たいがいトヨタのレクサスだ。…

人としての在り方

Chers mes amis 6月某日。 渋谷であるイベントが開催された。 仕事で付き合いのあるお客さんから、社会勉強になるからということで、誘いを受けていた。 正直なところ、行くことにあまり乗り気ではなかったが、せっかくのお客さんの誘いでもあるし、知り合…

一枚の紙切れに夢をのせて

Chers mes amis くそ暑い平日の昼下がり。 JR新橋駅の烏森口を出る。すると突然、目の前に長蛇の列が現れる。 何事か。一瞬ひるむ。行列の先頭に目を向ける。 その列が目指すお目当ては一つ。毎年恒例のサマージャンボ宝くじを手に入れることだ。 1億円ゲッ…

”本当の自分”はどこへ消えた?

Chers mes amis このステキ!な図は、マズローさんっていう、アメリカの心理学者が示した、人間の5段階欲求というもの。 一度は見たことあるでしょ? 人は一番下にある生理的欲求から上に一段一段登っていくことで、自分の欲求を満たしていくっていう理論。…

一生実現しない理想郷

Chers mes amis ある日、知り合いの資産家にこう尋ねたことがある。 「絶対確実な投資先を教えていただけないですか?」 彼はニヤッと笑ってこう答えた。 「それは自分に投資することだよ」 誰もが一度は耳にする言葉。いわゆる「自己投資」というやつだ。 …

"Fuck You Money"を目指せ!

Chers mes amis 人生、お金なんてなくても暮らしていける。 そんな生活に憧れて、、、というよりか、 それを身をもって証明したかったという気持ちが強かった。それが27の時。完全に今の世の中に逆行する生き方だった。 実際、どんな生活になるのか半分興味…

今だからこそ”リベラルアーツ”を学ぼう

Chers mes amis もう、これは今だから言えること。TOEFLという英語のテストを3年前ぐらいに受けた。 なぜ、受けたのか。 笑わないでね^^アメリカの大学院に留学してMBAを取得したかったから。留学先はスタンフォード大学。ここ以外考えられない!そう本気…

2017年、後半戦。

この図見たことある? 通称、ESBI(イーエスビーアイ)。 ネットワークビジネスやってる人なら一度は見たことあるんじゃない?そう、世界中でミリオンセラーとなった「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキさんが、いまの資本主義経済の縮図…