読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

売ることは良いことだ

セールスコピーライティング

今日は”売る”ことについて書きます。

 

一般的に、
訪問販売、セールス、セールスマンという言葉に対して
良いイメージを持っている人は少ないように思います。
これは日本だけなのかわかりませんが、

 

家の表玄関や表札の横に、
「セールスお断り」「訪問販売お断り」
というシールを貼っているお宅がたくさんあります。

そういう人たちが思う”セールス”に対するイメージというのは、

「何か変なモノを売りつけてくる」
「無理やり買うように仕向けてくる」

といった良くないイメージを持っているからだと思います。

 

しかし、
昨日書いたように、
世の中には、私たちが想像する以上に良い「商品」や「サービス」というものはたくさん出回っています。

 

想像してみてください。

もし、それらの商品やサービスが売られなかったら・・・
もし、それらの商品やサービスを売るセールスマンがいなかったら・・・

果たしてどうなるか。

 

その商品を得ることで自分の悩みや問題を解決するチャンス
その商品を買うことで自分の欲求を満たすチャンス
そのサービスを受けることで人生の質を向上するチャンス

 

それらの商品やサービスがそれを必要としているお客さんの手に渡らなければ・・・

 

そのお客さんというのは、
すべてこれらのチャンスを失う。
ということになります。

 

もっと広い視野で想像してみてください。

 

もし、誰も売らなければ・・・

 

お金が発生しない。
ということになります。

 

例えば、
あるレストランが提供するおいしい料理が売れない。
つまり、
お金が入ってこない。ということです。

 

資金がなければ、
料理をもっと良くすることができなくなります。
逆に、質は悪くなっていくことでしょう。

お金がないから、
材料を一種類減らしたり、
今までしていた一手間を惜しんだりするようになるかもしれません。

 

当然、
従業員の給料も払えなくなります。
優秀な従業員を雇えなくなります。

給料を全く払えなくならないまでも、
減給や給料未払い、ということが起きてきます。

 

すると、どうなるか。
その従業員はモノを買わなくなります。
お金を使わなくなります。

 

ということは、
世の中の景気やお金の流れはどうなるか。
もちろん、悪くなります。

 

あれ?
なんか心当たりありませんか?まさにこの状況に陥ってる国があるのを。

 

とは言っても、
世の中には「押し売り販売」や「ねずみ講」といったインチキ商売があるのは事実です。
必ずしもすべての「商売」が良いことだとはわたしも思いません。
でも、
それを差し引いても、

 

「売ることは、素晴らしい営みである」


とわたしは声を大にして言いたい。

 

必要としている人に、ベストなタイミングで、魅力のあるメッセージをもって、正しいかたちで販売されること。


マーケティングはとても奥が深いです。


野村美徳