読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

外貨を稼いで豊かになる

観光業

昨日の問いに対するわたしの意見です。
まず、”No”の回答について。

 

今までは国内の経済の流れだけで十分だったかもしれないです。
でも、今後はそうはいかないでしょう。

 

少子高齢化出生率の低下などの今後確実に予測できる人口統計一つみても期待はできません。
単純に考えて労働人口が減るということはその分生産量も減るということですから。

 

では、その減った分を何で補うか。
「外貨を稼ぐ」or「移民を受け入れる」

 

おそらくこのどちらかを採用することになると思います。
外貨を稼ぐ最も有力な方法の一つが「観光業」です。

 

下の2サイトをご覧ください。

http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_statistics.html
世界訪問者数ランキング 出典 日本政府観光局(JNTO)より

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/世界観光ランキング

観光収入ランキング 出典 wikipedia

 

 

統計やデータだけですべてを判断できることではありませんが、
いまは単純にこのデータだけで意見を言わせていただきます。

観光客数が多ければそれに比例して収入も多くなる、というわけではないようです。
それともう一つ、わたしにはどうしても見逃せない事実があります。

それは、
アジアの国々だけで比較すると、中国が一位なのはわかる。
それに続く香港、マレーシア、タイ・・・

 

率直に、
あなたは日本がこれらの国に負けてると思いますか?
あまり勝つとか負けるとかいう言葉は使いたくはないんですが、
正直、このデータを見たときわたしは全然納得できなかったですよ。


タイやマレーシアにできるなら、その気になれば日本だっていまの観光客や観光収入を倍にだってできる。
当然そのためにはいろいろ課題や問題をクリアにしないといけないんですけどね。

しかし、
何かを成し遂げるためには当然痛みや苦しみは伴います。
時間やお金もかかります。

 

国民一人一人がその代価を支払う覚悟があるか。
結局そこにかかってくると思います。

 

これに対して、
わたしはどのような形で貢献できるのか。
いろいろ頭の中にはたくさんイメージがあります。
でも、いまはまだ発表しません。

 

なぜなら、
まだその時期ではないからです。

 

わたしは物事には一つ一つ達成するべき段階があると思っています。
客観的にみて残念ながら、いまわたしはそのレベルではありません。
その前にクリアしなければいけない課題がたくさんあります。

 

時期が来たら必ずお伝えします。
それまでこっそり準備していこうと思います。(^ ^)


PS
移民政策もわたしはアリだなと個人的には思いますが、
この問題はかなりナイーブな話なのでここでは書きません。^_^;
でもかなり話したいです。笑
またみなさんどこかで会ったら議論しましょう!


野村美徳