読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

このニッポン人から学べ no.5

このニッポン人から学べ

「このニッポン人から学べ」シリーズ、かなりサボっていました。。。
楽しみにしていた方、ごめんなさい。m(_ _)m
また定期的に取り上げていこうと思います。

 

今日は、野球界の生けるレジェンドより。
「失敗から何を学ぶか」をテーマに。

 

今日のテーマはかなり深〜いですよ。

この人ほど説得力があり、示唆に富んでおり、言葉に重みがある人はいないんじゃないか、そう思います。

その人物は、 

大リーガーイチロー

 

日米通算4000本のヒットを達成した時に受けたインタビューの答えがとても興味深いので紹介します。
ぜひ、以下の動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Vxo3QOb5OM8


イチローはとんでもない記録を達成しているんですよ?


コツコツ結果を残してきた自分を誇りに思います。や、

努力した成果がこのような結果になって良かったです。


なんてことも言えたわけです。

でもイチローは、


「4000本のヒット」という大記録ではなく、「8000回の失敗」とどう向き合うか。

にフォーカスしています。

 

どうですか?あなたは何を感じましたか?

昨日のわたしの失敗を例にすれば、
わたしはたったの一回しか”バッターボックス”に立っていないのに、自己嫌悪になっています。

このイチローの言葉を聞いて自分が無性に恥ずかしくなりましたね。

ほんとに、穴があったら入りたいです。。。

 

それにしても、
野球界のレジェンドの言葉は重みが違いますね。

失敗しても成功しても、人生という名のバッターボックスに立ち続ける。
わたしにはそんなメッセージに聞こえてきました。

わたしたちはイチローにはなれませんが、イチローのようなマインドを作ることはできます。

何かに失敗した時、折に触れ思い出したい言葉です。

 

野村美徳