Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ

マーケティングって何?

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1653

 

お楽しみ様です。
野村美徳です。

 

この言葉についてまさか僕が語ろうとしているとは・・・
何とも不思議な気持ちです。
それは、

 

”まーけてぃんぐ”

 

会社勤めをしている人はよく耳にするのではないでしょうか。
ある会社のマーケティング部門とか。この会社はマーケティングが強いとか。
このプロジェクトのマーケティングしといて!とか。

 

20代の僕なんてこの言葉を聞くたびに、
頭の中は「???」でしたからね。笑

 

それが今じゃ人様にご指導奉る側に回っているんですから。
もちろん、今よりもっともっと勉強していきますけどね(^ ^)

 

今日は、
僕がライティングの師匠から学んだことや本や教材から学んだ「マーケティング」の定義をご紹介しますね。

まず最初にマーケティングとは何なのか、それを知る必要があります。
ちなみに、

あなたは「マーケティング」とは何ですか?と聞かれたら何と答えますか?

 

・お客さんのデータを分析することですか?

それとも、

・マーケット(市場)の状況を調査することですか?

 

実はどれも適切に言い表し切れていません。これらは「リサーチ」です。
ただ単にある事柄の「調査」ということです。

 

ちなみに、
マーケティングという言葉に関して、人によってさまざまな定義の仕方をされています。

日本一のマーケッターと呼ばれる神田昌典さんは、
「マーケティングとは、営業マンの目の前にお客さんを連れてくること」
と定義されています。

 

また、かの有名な経営学者であるピーター・ドラッカーは、
「マーケティングとは、商品が勝手に売れるようにすること」
と定義しています。

 

要するに、マーケティングとは、「セールスの前に行う活動」であり、「集客を楽にする仕組み」のことです。

 

例えば、僕のような優秀なコピーライターが横浜にいるとします。
でも、いくら優秀だからといって何もせずただ自宅に引きこもっていたら誰からも発見されません。

「何でこんなに優秀なライターなのに誰もお客さんが来ね〜んだ!!」
といくら僕が騒いでいたところで誰も見向きもしませんよね。

 

どうですか?わかりやすい例えでしょ?
え?例えが悪い??失礼しました。m(_ _)m

じゃあこれならどうですか?

 

毎年男性好感度ランキングで上位にランキングされる、福山雅治さんが無人島にいたとします。
でも、いくら女性にモテるカッコイイ福山さんでも誰からも発見されなければ、ただの無人島に暮らす一人の人間です。

 

しかし、「あの島に福山さんがいる」と世間に宣伝したり、無人島までの往復船を手配したり福山さんまでにたどり着く環境を整備すれば、

世の中の女性(特に30代、40代の女性)は福山さんを目当てにその島に行くことでしょう。

つまり、商品(福山雅治)を見込み客(世の女性達)にうまく宣伝することができれば、福山さんに興味のある人は自然と無人島へ向かう仕組みを手にいれることができるわけです。

福山さんに実際に会えるまでの活動、
それが「マーケティング」と呼ばれるものです。

 

PS
先日「オフィス」のコンビニでこんなものを見つけました。

f:id:y-nomu-1985:20160113082655j:plain

 横浜国立大「日本酒」。

(したたかだなぁ、うちのオフィスは・・・笑)

と思いながら感心してました。

他にも、クッキー、キーホルダー、Tシャツ、マグカップ、

インスタントラーメンなんかも売ってましたからね。(^ ^)

 

言ってみたらこれもマーケティング活動の一環ですね。

 

「ペン」で生み出した文章に「剣」を授けよ!
今すぐお問い合わせを。

y_nomu_1985@yahoo.co.jp

文章を”最強のセールス部隊”に変えるコピーライター
のむらよしのり