読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

営業用の自分なんてない

マインドセット

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1621

 

へい‐ぜい【平生】
ふだん。いつも。つね日ごろ。Let it go.

広辞苑より

 

お楽しみ様です。
野村美徳です。

 

僕はここ横浜に来てプルデンシャル生命の保険マンに3、4人会っています。

これは僕が個人的に感じたことですが、
プルデンシャルの保険マンのプロ意識はそこらへんの営業マンとは比べものならないぐらい高い。

どの人も本当に意識が高いと思います。

 

確か、ほんの数パーセントの人しか営業マンになれないと聞いたことがあります。

それも全員ヘッドハンティング

 

その内の2人からこの「平生」という言葉を教えていただきました。

(プルデンシャルの標語みたいなのかな?)


まぁ簡単に言えば、

普段の自分がそのまま出る。ということです。
逆に言えば、よそ行きの自分なんてないということですね。

 

普段の自分の行いがそのまま巡り巡って自分に跳ね返ってくる。
そんなイメージでしょうか。

 

なので、普段から嘘をつくような人間だったら、
自分も他人から嘘をつかれるし、

 

普段から遅刻するような人間だったら、絶対遅れてはいけない待ち合わせに遅れてしまう。

 

練習がそのまま試合に出る。そういうことです。
普段の日常生活をどれだけしっかり生きているか。

結局そこなんでしょうね、差がつくのは。

 

なので、大事な商談の時も、その時だけ形を取り繕ってもダメ。
やっぱりどこかで普段の素が出てしまうのです。

 

「平生」いい言葉ですね。(^ ^)

 

そして今日のタイトルは、横浜駅のポスターにデカデカと書かれていた言葉です。
なんか、今の僕に言ってるようなメッセージのようでした。

 

今週も一週間ありがとうございました。m(_ _)m
あなたはいかがでしたか?やりきりました?明日死んでも悔いなしですか?

 

僕は今死んだら悔いしか残らない!!こんな悔しい思いして死にたくない。

 

しっかり今週をフィードバックして来週土曜日の2月20日に備えましょうよ!
もちろん、あなたはこの日が何の日かご存知ですよね?(^ ^)

 

「ペン」で生み出した文章に「剣」を授けよ!
今すぐお問い合わせを。

y_nomu_1985@yahoo.co.jp

文章を”最強のセールス部隊”に変えるコピーライター
のむらよしのり