読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

実は、あなたは商品を買わされている?

セールスコピーライティング

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1603

 

お楽しみ様です。
のむらよしのりです。

 

今日は「ポジショニング」という話を書きます。
まぁいきなりわけがわからないですよね。笑

 

わかりやすく、例を挙げてみます。

 

「野球チーム」と言えば?
→巨人、阪神、中日、ヤンキース・・・

 

「コンビニ」と言えば?
セブンイレブン、ファミマ、サンクス、ローソン・・・

 

では、今度はあなたの頭の中で考えてみてください。
そして、パッと思い浮かんだことを口に出してみてください。

 

Q.有名な温泉地と言えば?

 

Q.カフェと言えば?

 

Q.車のメーカーと言えば?

 

Q.携帯会社と言えば?

 

 

 

→箱根
→スタバ
トヨタ
ソフトバンク
(これは、僕の場合です)

 

      マーケティングは知覚の奪い合い


ふだん日常生活であまり意識していないと思いますが、
世の中に溢れるモノ、サービス、団体は、いかに消費者の頭の中に「ポジショニング」を確立できるか、そんなことばかり考えています。

 

その一番の方法が「広告」です。


はっきり言って、もううんざりじゃないですか?
街中は広告物に溢れ、電車の中はつり革広告で埋め尽くされ、テレビCMなんて見たくもない。。。

あなたはどうですか?

 

でも、生活していれば無意識のうちにそうした広告物が目に飛び込んできます。
企業はあの手この手と手を変えて戦力を練ってくる。
なぜなら、

あなたの頭の中で最初に”私たち”を思い出して欲しいから。
これがいわゆる”イメージ戦略”というものです。

 

うんざりとか言いつつ、そんな業界に僕はいますけど・・・

 

 

PS

「あさひ」、「きりん」と言えば?

 

ファイト一発、???

 

タンスに、???

 

8時だよ、???

 

つまりは、そういうことです。(^ ^)

 

ちなみに、

「あさひ」と「きりん」と言えば?に、

「ビール!!」と答えたあなた。

あさひは朝に昇る太陽。きりんは動物の麒麟さんですからね。笑