読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

現場の声は正直ですね。笑

わたくしごと

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1596

 

お楽しみ様です。
のむらよしのりです。

 

こうして、一人で活動してみてわかることがたくさんあります。
その一つに、

 

「仕事というのは詰まる話、人の好き嫌いで契約が行われている」ということ。

 

この内容、前にも書いたかな?

まぁいいか、それだけこの内容は重要なので。

 

結局仕事でも、プライベートでも、家族のような身内でも、例外なく人の好き嫌いで全て判断されている。全ては言い過ぎかな、7、8割。

 

もちろん、最低限のサービスの質や商品の品質があっての話ですが。

 

たまに、一緒にお茶する相手の何気ない一言にギョッとすることがあります。笑

「あの人とは仕事はしない。なぜなら・・・」

 

会社内の人事も8、9割は人の好き嫌いで昇格させるかしないか決める、なんてことはよく知られた話です。

 

どうやらそれは、組織の内に限らず外の世界でも一緒のようです。

つくづく人って感情の生き物だな、と感じますね。

 

それは例外なく僕も同じです。

商品がいくら良くても、こいつからは買いたくない!とか、
サービスがいくら素晴らしくても、この店にはお金は払いたくない!とか。

 

人間、本当に正直ですよ。笑

で、そういう本音ってフトした時に出てくる。お酒の場とかね。

 

スキル、テクニックと人間性って車の両輪みたいなものなのかもしれませんね。

どっちが小さくても大きくてもダメ。どっちも同じぐらい成長させないといけない。

 

今、その現実をモロに感じてます。

 

ほんとに全てが試行錯誤。相手の地雷を踏むこともある。。。
なかなかうまくいかないと愚痴が出るんですよ、困ったもんで。苦笑

 

でも、それじゃ何も変わらない。

 

よし、心機一転、新たに自分のチラシを作って配ってみるか!笑
今までと少し路線を変えて、地域密着型地元保土ヶ谷作戦でいってみよう!

 

なに?恥ずかしいだって?そんなこと言ってる場合じゃねぇ!