読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

”お金がないから諦めた”は禁句です

マインドセット

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1463

Chers mes amis

 

人には底知れぬパワーが眠っているのだと改めて思う。

 

それも、どうやら「自分のため」よりも、「世のため人のため」となるとそのパワーは倍増するらしい。

 

例えば、愛する家族のためとか、親愛なる友達のためとか、将来を担う子供達のためとか、大好きな故郷のためとか・・・

 

私利私欲よりも誰かに貢献したい!世の中に貢献したい!といった欲求の方が重要度は上なんだろうね。心理学用語で言うところの、承認欲求ってやつは。

 

そう言えば、昔テレビでマネーの虎ってやってたじゃん?覚えてる?

そうそう、素人(応募者)が社長(虎)にこれからやろうとしてる事業をプレゼンしてお金を投資してもらうって番組。高校の時、サッカー部の部室でよくマネしてたよね、

 

「ノーマネーでフィニッシュです」って。笑

 

何がこの番組面白いかって、ここに出てくる応募者の事業計画があまりにも悪いと、これでもかって虎達がギャンギャン騒ぎ立てるわけよ。笑

 

 

「お前ビジネスなめてんだろ!」

「で、損益分岐点はどこなの?わかんない?出直してこい!!バカやろー!!」

「もし失敗したらウチのAVに出てもらうから。笑」←あの某AV会社の元社長ね。(^ ^)

 

 

中には本当に厳しくて怖い社長なんかも出てて、見てるこっちがハラハラドキドキしてたよね。

まぁほとんどの応募者がノーマネーでフィニッシュしてたけどね。

あと、たまに虎同士で噛み付き合ったりね。笑

 

でも、そのノーマネーっぷりが視聴者としては最高に面白いわけで、

もっと言え!もっと言え!って心のどこかで虎達を煽ってる自分もいたよ。正直なところ。

ケチョンケチョンにされてる参加者を見てニヤニヤ笑ってる俺・・・今思えばかなり性格悪いよね。笑

 

 

まぁそうは言っても中にはお金を投資してもらう人ってのも、もちろんいる。

それが面白いことに、だいたい出資される応募者って複数の虎から出資させてくれ!って手が上がるのね。当時はそこまで深く考えてなかったけど、今になってわかるのが、投資してもらえる応募者には共通点みたいなのがあるんだよ。

 

で、その共通点ってのが、

事業がうまく回って売上が見込めるか(損益分岐点)ってことは言うまでもないけど、

 

なぜあなた(応募者)はそのビジネスをしたいのかといった背景、経歴、ストーリーがあるか。

なぜ今そのビジネスをあなた(応募者)がやらなければならないのか。

なぜそのビジネスが世の中に必要とされているのか。

私(虎)が投資することでどんなメリットや儲けがあるのか。

事業を立ち上げる理念や目的とは何なのか。

そのビジネスがあることで世の中はどう変わっていくのか。

競合は?立地は?マーケットは?・・・

 

などなど、

全部では無いにしろほとんどすべての質問に答えてる。

久しぶりにyoutubeで検索して見てみてよ。あっ確かに!って思うと同時に、うわ、懐かしい!って思うから。笑

 

それぐらいしっかり準備していかないとお金の融資を受けるのって並大抵なことではないんだなぁって高校生ながらに思ってたよ。初めて世の中の厳しさみたいなのをブラウン管を通して感じた気がするね。

 

そして、2016年。

あのマネーの虎フィーバーから10年以上が経ったよ。

 

いやぁ〜それにしても、僕たちも30を迎えて時代は大きく変わったね。

昔はガラケーが主流だったのに、スマートフォンに取って代わろうとしてるし、FacebookTwitterみたいなSNSなんて全然なかったし、wifiなんて言葉すら聞いたことなかったよね。

 

あと、電子マネーの存在とかね。

たぶん近い将来現金なんてなくなるんだろうなぁと漠然と感じてる。

 

そして、もう一つ。

忘れてはいけないのが、

クラウドファンディング」という仕組みね。

 

ちなみに、このクラウドファンディングって言葉知ってる?

 

いちよう念のために、

クラウドファンディングとは、世界中の不特定多数の人がインターネット経由などで他の人々や組織に資金の提供や協力などを行うことを指す。群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。byウィキペディア

 

なんとなく分かったような、分かってないような?

 

例えば、

俺は海賊王になる!だから俺に出資してくれ!!ってルフィーがインターネットサイトに投稿したら、その想いに共感した世界中の人からお金を出資してもらえるってシステムね。

 

そうそう、いわゆる現代版マネーの虎なワケよ。(^ ^)

と言うかね、このシステム単純に凄くない?

 

言ってみたら、どこの誰でもこのシステムを利用できてお金が集まってしまうワケですよ。

若くても、年老いていても、男でも、女でも、学歴がなくても、外国人でも、障害を持っていても・・・「強い想い」と「世の中の共感」さえあれば。

 

出資者がたったの5人の虎(社長)だけだったのが、世界中の72億人に出資者のパイが広がったんだよ。

 

ちなみに、最近イチローの安打数を手作りボード「イチメーター」で数えてることで有名なエイミー・フランツさんって人が、イチローの3000本安打を見届けるために旅行資金をこのクラウドファンディングを利用して集めたとニュースになってたね。

 

まさに一人の女性のイチロー愛が世界中の人の心を動かしたんだよ。

時代はここまで来てると思うと、ここ最近のテクノロジーの進化の速度が凄まじく速く感じてるのは俺だけじゃないと思う。あなたもそう思わない?

 

何でこんな話をしたのか。

 

実は、わたくし、

現在このクラウドファンディングの応募者の夢や想いのライティングをしております。m(_ _)m

「ドリームライター」として活動しているのです。←今書いてて思いついた。笑

 

まぁとは言ってもね、

あなたも薄々気づいてると思うけど、「誰でも」参加できるということは、その分お金を投資してもらうのは並大抵な「想い」や「共感」ではお金は集まらない。それほど甘い物じゃないってことは簡単に想像できると思う。

 

さらに、マネーの虎みたいに実際に会ってプレゼンするわけじゃなくて、全てインターネット上で完結する仕組みだからそりゃ大変ですよ。

 

それじゃあ何を頼りにするか。

 

そうです、画像と文章です。

特に文章は人の感情を動かすために絶対に必要。ぜっっっっっっったいね。

 

 

これまでドリームライターとしていろんな人の夢や想いを聴いてきたけど、皆さんそれぞれ本当に素晴らしい夢を持っていらっしゃる。話聴いてても毎回頭が下がる想いで一杯になるよ。

ただ一つ残念なことに、多くの人が自分の夢や想いは持ってるんだけど、それをなかなか言語化できない。文章化できない。さて困った・・・

 

そこでわたくしの出番ってわけ。

本当にありがたいことにね。

 

最近のエピソードで、ある一人の方のお話を聴いてて、あまりにも感情がその人に入りすぎて半泣きで話聴いてたんだよね。その想いの強さに圧倒されまくってさ。

 

だってよ、

「のむらさん、俺に最後の舞台を作ってくれ!頼む!」って言われたらどうよ?

この言葉を聞いて燃えないヤツがいたらそいつは男じゃないよ。

 

もう、即答。

「大丈夫、僕に任せてください!」って。

 

その時改めて思ったね。

コピーライターっていい仕事だなぁって。(まぁ厳しい世界ではあるけどね)

とは言っても、厳しいのはどこの世界でも一緒か、、、

 

だから、もしね、

俺にはこんな夢があるんだ!とか、私にはこんな想いがあるんだ!って死ぬまでに叶えたい夢や願望がもしあるんだったら、お金が無いって理由で諦めないで欲しいんだよね。

 

100%資金は集まるよ!とはさすがに保証はできないけど、でも、こんなに便利で可能性のある仕組みを使わず死ぬのはめちゃくちゃもったいないことだと思わない?

可能性が目の前にあるワケですよ。手を伸ばせば掴めるかもしれない。

あとは覚悟を決めるだけだよ。

 

とは言っても、なかなか言葉にできないよ・・・

 

だったら、俺に聞かせてよ。あなたの夢や想いを。

俺が代わりに文章にしてみせるから。それも飛びっきりの相手に刺さるメッセージを作るからさ。

 

大丈夫!俺に任せろ!(^ ^)b

  

でもこれだけは約束して!

お金がないから自分の夢を諦めました、、、とは絶対に言わない。と。

 

選択はあなた次第だよ。

会えるのを楽しみしてるね。

 

 

PS

ここのサイトを一回覗いてみて。

SiNQ A project to support a person with dream

 

何か感じるものがあるなら挑戦してみて。(^ ^)

あなたはそんなもんじゃないよ!