Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

日本人。

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1428

Chers mes amis

 

昔から日本には言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉一つ一つに霊的な力が宿ると信じられてきました。
まぁ俺はその霊に取り憑かれた一人なんだけどね。

だからだよ、、、本を読んだり、他国の言語を学んだり、人の意見や想いを聞くのが好きなのは。
言葉の霊達に完全に取り憑かれてるんだろうね。笑


このブログの一番最初の記事にこんな言葉を載せたんだけど・・・


And so, my fellow Japanese:
Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.

わが同胞の日本人よ、
国が自分に何をしてくれるのかを問うのではなく、自分が国のために何ができるのかを問おうではないか。


たぶんもう忘れちゃってるでしょ?
でも、今ここで思い出してね。この言葉は本当に大事な言霊だから。

実はこの言葉、アメリカの第35代大統領ジョン F. ケネディの言葉なんだよ。
And so, my fellow Japanese・・・のくだりは俺が勝手に付け加えたけどね。(^ ^)v


個人的にだけど、この一文からにじみ出る言葉の意味が本当に好きで、
昔初めてこの文読んだ時、「あぁなるほど、これだなぁ」って一人納得してたのをよく覚えてる。


例えば「国」の部分を「親」に変えてみたり、「会社」にしてみたり、
もしくは、「学校」「故郷」「友達」「妻」「夫」「隣の家の人」「いつも通勤で使う駅員さん」・・・などなど、
あらゆるモノに置き換えて使えたりできるよね。


だけど、人ってわがままで自分勝手な生き物だからさ、そんなこと全然考えなくなる。
嫌になっちゃうぐらい自分のことばかり。。。つくづく自分大好きだなぁって。
どう?心当たりあるでしょ?笑

 

だから、

「自分が国のために何ができるかを問うのではなく、国が自分に何をしてくれるかを問おうではないか」

そう思い込んでても無理はないよ。
むしろ、そう信じて疑ってなかった頃の俺からしたら、
このケネディの言葉はもの凄くインパクトがあったしね。

 

ぶっちゃけ一人でめちゃくちゃ抵抗してたもん、

いやいや、バカ言っちゃいけねぇわケネディよ、国が国民を守るのは当然でしょ?
だったら国が死ぬ気で国民のことを守ってくれよ!国民に責任転換するなよって。苦笑


まぁそんな自分が一番可愛い、自分の保身が第一みたいな男だったんだけど、
でもね、”彼ら”の姿や言葉を見てると無性に自分の小ささが際立つというか、
つまらない男だな、お前は!と言われてる気持ちにさせられるんだよね。

 

で、その”彼ら”というのが、

 

「日の丸を背負って戦うアスリート達」

 

ちょうどついこの間リオのオリンピックが終わったね。
観ててどう思った?本当に感動の連続だったよね。4年間の集大成として毎日練習に明け暮れている姿を思い浮かべるだけで、グッとくるものがある。


メダルを取った選手、取れなかった選手関係なく国を背負って戦う姿に敬意の念を持たずにはいられない。


個人的に言えば、自分が元々サッカーをやっていたこともあって、
サッカー日本代表」というのは俺にとっては本当に特別な存在なんだよね。

もし、神様から一つだけお前が望む職業に就かせてあげよう、そう言われたら、俺は間違いなく、


サッカー日本代表の10番」って答えると思う。


真司、俺にその10番よこせって言うと思うね。笑


でも、俺よりサッカーが何倍も上手いし、
国を背負って戦うには申し分ないメンタルも持ってる。
だから、後は頼むよ真司、俺の夢を。って勝手に託してるんだけどね。笑


小学生の頃は本気で自分はサッカー選手になるもんだと信じて疑ってなかったから、
彼らの戦いを見るたびにまるで自分が戦っているかのような錯覚を起こす。


それこそ負けた日にはめちゃくちゃ悔しいし、
勝つと飛び跳ねるぐらいうれしくて、日本のために戦う彼らのことを本当に誇りに思う。

まぁそれだけ思い入れが半端ないんですわ、サッカー日本代表に関しては。苦笑


オリンピック選手もサッカー日本代表選手もそうだけど、
インタビューで口々に、


「日本の威信にかけて戦ってきます」


「日本をワールドカップで優勝させます」


「国の誇りにかけてメダルが取れるように頑張ります」

 

と言うように、どの選手を見ても「日の丸」を常に意識しながら戦ってる。
そして、そういう彼らの姿を通して自分たち(国民)も「愛国心」や「日本人としての誇り」を強く実感することができるのだと思う。


確かに、彼らが普段からそれぞれの競技で世界中の猛者達と鎬を削ってるということもあるから、「日本を背負う気持ち」や「私は”日本人”だ」という意識を持ちやすいと思う。


特に、サッカー選手は日本よりレベルの高いヨーロッパのクラブチームにどんどん移籍してるし、「日本人」というアイデンティティを誇りに思いながらプレーしてるよね。


その一方で、

普段日本国内で暮らす大多数の日本人は外国とそこまで触れ合う機会はないし、
日本人として改めて「日本の誇りとは一体何か?」なんてなかなか考える機会もないでしょ?


むしろ、そんなこと周りに言いふらしてたらこいつは右翼の人間か?って避けられかねないし。。。笑

 

ただ、悲しいかな、、、

多くの日本人が「日本という国や自分が日本人だということを改めて強く意識できる時」って、


こうしたスポーツの国際大会や◯◯サミットといった国際会議が開催される時ぐらいなんじゃないかと思う。

 

日本選手がんばれ!日本チームがんばれ!日本政府しっかり頼むよ!って、
そう思うことで、改めて、あぁ俺って日本人なんだなぁって再認識できる。

 

 

だけど、、、

 


本当にその時だけしか”日本人”を感じられないのかな?

 


俺は敢えてあなたにこの疑問を投げかけたい。

 


実は、正直言うとね。
俺はめちゃくちゃ悔しいのよ。

 

心のどこかで”日本のため”とか、”日本人としての誇り”という言葉を臆面もなく言う彼らに嫉妬してる。

 

俺よりも年下の人間や同年代の人間が、
「日本のために・・・」「日本人としての誇りを胸に・・・」「国民のために・・・」とか第一線で体張って戦ってる姿を見る度にそれは強烈に思う。

 

でも、

そう心の底から言えるのって、本当に彼らだけの特権なのかな?

オリンピックやワールドカップのような国際大会でがんばる日本代表の選手しか言えないのかな?

 

 

いやいや、ちょっと、待って!
絶対にそんなことないよ!

 


「彼らが自信を持って日の丸背負って戦ってるけど、俺だってもっとやれる」

「俺だってこの国に対して何かできる」

「心の底から日本人としてのプライドを持って生きていける」

「日本に居ながらも自分は日本人なんだという誇りを失わず、先祖のような勇敢な日本人のようになれる」

「国際舞台で活躍するオリンピック選手やサッカー日本代表選手みたいに自分の祖国のために戦う心構えを持って生きていける」

 

実を言うと、

20代はそんなことばかり考えてた。笑(まぁ今もそうだけど、この先もずっと変わることのない永遠のテーマだね)

 

だから、

高野山に単身乗り込んで寺の門を叩いたり、日本の宗教心や文化を直接肌で感じたり、
海外に行って日本を外から見たり、逆に外国人をおもてなしする立場として、そうした現場を経験してきた。


全ては、こうした自分の頭の中にある疑問の答えを知りたくて。

自分がこの先どんなことができるのか突き止めたくて。

ただ、自分のルーツである”日本人”とはどういった民族なのか知りたくて。

 

そんなことをいっつも考えてた。
まぁ一言で言えば、俺ってめちゃくちゃ変なヤツなんだわ。笑


でも、もしね、

過去に俺と同じようなことを一度でも考えたことがあるなら、
ここにその答えがあるかもね。


【池間哲郎】『感動の日本史』
http://directlink.jp/tracking/af/1454206/M7r8dlZe/

 

実はこの動画、先週の14日に一日だけ限定で放送されたものなんだけど、
28日にも急遽再放送が決まったみたいなんだよ。

 

動画の内容があまりにも良かったから、ここでも紹介しようと思ってね。
日本人として生まれてきて本当に良かった、そう心の底から思える動画だよ。


これまで50万人もの子供たちに講演を通じて真実を伝え続けてきたスピーカーの池間さんによれば、


「自分の国に誇りを持てない」
という子が大勢いるみたい。


それどころか、
「日本人であることが恥ずかしかった・・・」とまで語った子さえいるらしい。


子供にこんなことを言わせてしまうのが、
今の日本の教育の現状のようなんだけど、それを聞いてあなたはどう思うよ?


この動画で話されてる内容は、大人の僕たちでさえほとんどの人が知らない本当の世界史・日本史の講義です。


どうかあなたも学んでみてよ。

子供たちに真実を教えてあげてよ。

そして、もっと日本人としての誇りを持って生きていこうよ。


http://directlink.jp/tracking/af/1454206/M7r8dlZe/

 

 

 

PS.


ちなみに、動画は無料だからね、
「自分のルーツを知りたい!」そう思ってるなら28日はぜひ見てみて。
きっとあなたにとってのターニングポイントになると思うよ。
また見た感想とか聞かせてね。(^ ^)

http://directlink.jp/tracking/af/1454206/M7r8dlZe/

 

 

 

PPS.

東京オリンピックに向けていよいよ勝負の4年間が始まったね。

微力だけど「民間外交」の礎を築くために尽力したい。

 

マジで、がんばろう!やるしかねぇって!