Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ。今こそ大和魂を世界に!

言い訳するな!

言い訳を憎む同士へ

f:id:y-nomu-1985:20190310205948p:plain

 

東日本大震災からまる8年が経つって!

 

まぁとは言ってもね、ぶっちゃけ、

大して被害にあってない人間からすれば、

「そっか、もうあれから8年も経つのか」ぐらいの感覚でしかない。

 

あなたもそう?

 

隠さなくてもいいよ。

震災に限らず、事故や事件って当事者にならない限り、心理的インパクトなんてたかがしれてるしね。

8年も経ちゃ、時間の経過とともに、事故の悲惨さの記憶がさらに薄まっても仕方がない。

 

でも、毎年この時期になると、

「生かされてる感謝」みたいな気持ちは自然に湧き上がってくる。

「残りの人生、どう生きようか」そんな究極とも言える問いを、イヤでも考えさせられる。


あらためて言うまでもないけど、

僕たちにとって一番貴重な財産。

それは、

「お金」ではなく「時間」だよね。

ただ、悲しいかな、時間は目に見えない。
だから、失ってもなかなか痛みを感じることはない。

一方、預金通帳の残高が減っていくと、

 

「ヤバイ!金がない!どうしよう・・・」

 

まるで、明日人生が終わるかのように、大騒ぎしてしまう。

お金は数字として「目に見える」から
痛みをすぐに感じられるからね。

でも、冷静になってよーく考えてみると、
お金は失っても、後からいくらでも稼ぐことができる。

ところが、時間はそうはいかないよね。

 

今この時、この一瞬という「時」は永遠に取り戻せない。

 

でも、ときに「時間」というものは、よく言い訳の材料にされる。

例えば、

「時間がなくて、○○できませんでした」とか、

「忙しくて、予定していた○○はまだ仕上がっていません」とか。

「目に見えない」ことをいいことに、
体裁を整える都合のいい言い訳の材料にされがちになる。


どう?心当たりない?

 

他人に対して。そして自分自身に対して。

そんなあなたに一言。

 

「言い訳すんなって!」


言い訳したところで
時間が戻って来るわけじゃないよ。

 

言い訳する時間があるなら、さっさと始めよう!

 

って、俺が言ったところで

「はいはい、お前に言われたかねーよ」で終わっちゃうでしょ?笑

 

俺の言葉よりこの人の言葉の方が

何倍も説得力があるから、最後に紹介するね。

 

パナソニック創業者、松下幸之助さんが晩年、

若い記者から「いま欲しいものはありますか?」の質問に答えた一言。

 

「あなたに私の全財産を差し上げてもいい。
その代わり、私にあなたの時間をくれないか?」

 

経営の神様ですらこう言ってる。

いまこの瞬間が残りの人生で一番若い。

 

明日死ぬかのように生きよう。

そして、永遠に生きるかのように学ぼう。

 

 

 

ps.
無料オンライン講座はこちらから。

http://dearnippon.com/freeopt

 

pps.

LINE@はもっとぶっちゃけてるよw


https://line.me/R/ti/p/%40acs1221i
スマホの人は、2秒で登録完了。