Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

すぐにラクして答えを求めたがる現代人への警告

感性が豊かな同士へ

f:id:y-nomu-1985:20191125093402j:plain

もし自分が死にそうな状況になった時。
1時間あるとしたら、最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう。 by アインシュタイン

 

なるほど。

つまり、テメーの頭で考えて考え抜いて答えを出せと。

 

このアインシュタインの言葉、

俺も含め、すぐにラクして答えを求めたがる現代人には耳の痛い言葉だよね。。汗

 

また、ある調査では、

 

人は1日に3万回以上自分に質問を投げかけ、自分自身と対話している。

 

とのこと。

 

・朝起きようか、2度寝しようか。

・朝ごはんは何を食べようか、それとも食べないか。

・シャワーを浴びようか、浴びないか。

・今日はどんな服を着て出かけようか。

・何時の電車に乗ろうか。

etc.

 

朝からこんな調子。

「無意識」に自分に問いかけ、その質問に答えてるのは間違いなさそうだね。

 

しかも、3万回も・・・

 

「考える」という行為はとてもエネルギーを使う。

そりゃ、脳も疲れるわな、、、苦笑

 

さらに「意識的」にモノゴトを考えろって?

おいおい冗談だろ?朝から晩までこんなに自問自答して頭を使ってるっていうのに!

 

そう思うのも無理もないて。

 

それでも、

「意識的にモノゴトを考える」→「自分なりの答えを出す」

ということを繰り返さない限り、人間的な成長はのぞめないよね。

 

じゃあ、どうやって「意識的」に考える習慣を身につけるか?

 

いろいろあると思うけど、「良質な映画を観る」こともその一つだろうね。

 

「映画を観る(疑似体験をする)」→「意識的にモノゴトを考える」→「自分なりの答えを出す」

 

実は先日、ある映画を観て、深く深く考えさせられたことがあったんだよね。

その映画というのは、、、

続きはこちらから

 

 

ps.

横浜FC昇格したね^^

来年は三ツ沢球技場に足を運ぶ回数が増えそうだわw