Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

あなたが「主役」ぼくは「脇役」

「あなた」を意識して情報発信する同士へ

f:id:y-nomu-1985:20191211110211j:plain

 

こんなおもしろい実験結果がある。

 

学生時代の友人たち数人に集まってもらう。

そして、目の前に学生時代の懐かしい写真を並べる。

修学旅行の集合写真。学園祭の写真。クラブ活動の写真。授業を受けている写真・・・etc.

 

「わー、懐かしい!」

 

当時の思い出話で盛り上がる。

 

 

さて、ここからが実験。

参加した彼らは「懐かしい」と言いなから並べた写真から最初に何を探したか?

初恋の人?お世話になった先生?それとも無二の親友?

 

どれも違う。

 

そう。若き日の「自分」。

参加した全員が最初に探したのは「自分」だった。

 

この実験から何がわかるのか?

けっして忘れてはいけない、ある重要な事実がわかる。

 

人が一番強い関心を持っているもの。

 

それは、「自分自身」だということ。

人は「自分」のことが大好きで、大好きで、たまらないということ。

 

そしてこの事実は、僕たち「情報発信者」がけっして忘れてはいけないことでもある。

 

どんなメッセージを書けば、読者の関心を惹きつけることができるのか?

どんな内容を伝えれば、お客さんに興味を持ってもらえるのか?


答えは一つ。


読み手(お客さん)のことを書けばいい。


コピーライティングで一番難しい、そして一番重要な仕事は読者の関心、興味を惹きつけることだと言われるゆえんはここにある。

 

メッセージは必ず”あなた”のことから始めよう。


お客さんの痛み、ストレス、悩みを理解して共感する。

メッセージを読み続けてもらうには、常に相手のことを書く必要がある。

 

今あなたが読んでるこのブログだってそう。

 

書き手(のむらよしのり)のことなんて、あなたは全然興味ないでしょ?

テメー(のむらよしのり)が何を書こうが何を思おうが、あなたは「どうでもええわ!」って思ってるでしょ?

「で?お前(のむらよしのり)は、私(あなた)に何をもたらしてくれるの?」って思ってるでしょ?

 

そう思ってあたりまえ。

俺があなたの立場だったら間違いなくそう思うしね。笑

 

くどいようだけど、大事なことだからもう一度書くね。

 

人は「自分」のことにしか興味を示さない。

 

コピーライティングの大鉄則。

 

最初から最後まで、「読者」を主役にして語ろう。

 

 

ps.

もしあなたも僕と同じように「情報発信者側」なら、、、

この記事はきっと「あなた」に役立つと思う^^

参考まで。

 

⇒ 【必読】コピーライティングの一丁目一番地「Me message」と「You message」を意識せよ!