Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える同士へ From:のむらよしのり

ミイラからの伝言

ミステリーハンターの同士へ

f:id:y-nomu-1985:20191219200228j:plain

From:上野公園のスタバ

それがし、抑えきれない興味と好奇心にかられて、、、

 

行ってきたよ。上野の国立科学博物館で開催されている「ミイラ展」。


南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど、世界中から集められた「ミイラ」見たさに、自称ミステリーハンターたちがめっちゃ来とったわw

もちろん、俺もその一人。

・なぜ、ミイラは存在するのか?

・どのようにしてミイラは作られるのか?

・宗教的な意味はあるのか?

・ミイラは何を物語っているのか?

などなど、、、

これらの謎を究明するべく、世界ふしぎ発見ファンの一人としては行かない理由はない。

見学した感想は、一言で言うなら「圧巻」の一言。

展示物と一緒に、オーディオガイドの大沢たかおの声に耳を傾けながら、興味津々にミイラのミステリーツアーにどっぷり浸かってきたわ。

(まるで王騎将軍が語りかけてくれてるかのようだったねw)

本物のミイラもさることながら、

思わず考えさせられる印象的な言葉もたくさんあったね。

その一つがこれ。

 

ミイラは、永遠の命を持つ
「遺体」であると同時に、
歴史の「語り部」である。

 

ミイラとは、死してなお、その「肉体」をもって後世に”メッセージ”を残してくれている存在なのだと。

 

果たして、そのメッセージとはどんなメッセージなのか?

 

それは一人一人受け取るメッセージは違う。

 

あぁ・・・ロマンに想いを馳せるってこういう事を言うんだろうねー(´ー`)

ちなみに俺は、直感的にこんなことを思ったわ。

 

「あぁ・・俺も遅かれ、早かれ、いずれこうなるんだよな…」とw

 

「死」というものは、何人も避けられんからね。

展示されている「ミイラ」のように、後世に「肉体」を残せないまでも、せめて「魂」だけでも残せるような生き方をしたいものだ。

ふと、そんなことも思ったね。

泣いても笑っても、人生は一度っきり。

自分が思い描いた人生を悔いなく生きたい!

他人の目や評価ばかりに気を取られることなく、
自分の思い通り人生を思いっきり生きたい!

そう誰もが望むことだろう。

たぶん、あなたも心の底からそう思ってるよね?

頭ではわかってるんだよね、この格言。

でも一方で、、、

なかなか古い殻を破ることができない・・

新たな一歩を踏み出すことができない・・

そんなジレンマを抱えながら生きている人が、世の中ごまんといるのも事実。

もし、そんなジレンマに悩んでいるなら、

ミイラ展に掲げてあったもう一つの深ぃ〜言葉を折にふれて思い出そまい。

 

『人生の価値とは、
その人が生まれた世界と
生まれなかった世界の差である』

 

つまり、生まれてから死ぬまでに自分が行ったすべての行動が、世の中にどんな影響を与えたのか。

プラスに変化させたのか。

反対に、マイナスな変化を作り出してしまったのか。

その差の合計があなたの”本当の価値”だということ。

ちなみに、俺はこの言葉がめちゃ好き^^

まぁ簡単に言えば、

陰で悪いことをしていても、「バレなければOK!」という生き方はしたくないということ。

もちろん、俺は聖人君子ではないし、マイナスの差を生み出すこともそりゃある。

毎日呼吸をしているだけで地球にとってマイナスの差だからね。

でも、どうせ「のむらよしのり」という人間としてこの世に生まれてきたからには、世の中にプラスの差をいっぱい生み出していきたい。

ほんと、キレイゴト抜きで!

あなたもそう思わん?


やっぱ、近道はねーわ。


人生、一発逆転ホームランばかり狙うんじゃなくて、何気無い普段の日常を大切に生きていきたいね。

世界ふしぎ発見ファンだけでなく、

改めて自分自身の「死生観」や「人生観」を考えたい人は、ぜひ「ミイラ展」で世界のミイラたちとの会話を楽しんできてね👍


でらオススメだで!

 

 

ps.

ところで、もう答えてくれたかな?

→ 僕に「3秒」だけお時間をくださいm(_ _)m