Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

こんなおもしろい実験知ってる?

「理由」を欲しがる同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200112222543j:plain

一緒に想像してみてほしい。

こんなおもしろい実験がある。

 

図書館のコピー機の前には順番待ちの列が並んでいる。

その順番を無視して、

 

「すみません…5枚だけなのですが、

急いでいるので、先にコピーをとらせてくれませんか?」

 

というお願いをしてみた。

すると、実に94%もの人が先にコピーをとらせてくれた。

 

次は、少し頼み方を変えて再度実験を試みる。

 

「すみません…5枚だけなのですが、先にコピーをとらせてくれませんか?」

 

この場合、順番を譲ってくれた人は60%に過ぎなかった。

 

この2つの頼み方で、譲ってくれた人の%の差はどこにあるのか?

 

一見、「急いでいる」という言葉があるか、ないかだと思うかもしれない。

でも実は、決定的な違いはそこではない。

 

おもしろいのはここからだ。 

さらに、こんな頼み方をしてみた。

 

「すみません…5枚だけなのですが、

コピーをとらなければいけないので、先にコピーをとらせてくれませんか?」

 

その結果、なんとほとんどすべての人(93%)が譲ってくれたのだった。

 

あなたも感じたと思うけど、この頼み方、よーく考えてみると日本語としてメチャクチャおかしいよね?

だって、みんなコピーがとりたいからコピー機の前に並んでんだからw

思わず、

「いやいや、お前だけじゃなくてみんなそうだわ、バカ!」ってツッコミたくなるよね。

 

それでも、93%もの人が譲ってくれたて・・・苦笑

ここが人間のおもしろいところだよね。

 

譲る、譲らないの決め手は「〇〇なので」という言葉があるか、ないか。

しかも、理由らしい理由じゃなくても人は納得してしまうということがこの実験からわかった。

 

ちなみにこの心理実験、超有名なので、もしかしたらあなたも知ってるかもね。

起業家ならずとも、ビジネスマンなら誰もが読んでいると言われる、あの名著に書かれている。

 

せっかくなので、この実験結果についてもっと深掘りしよまい。

ビジネスに限らず、プライベートでもバリバリ応用できるものなので、コピーライティングのテクを一つこっそりあなたに伝授するね。

 

続きをもっと読む