Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

好奇心を抑えられませんでした…

ネーミングにこだわりを持つ同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200115093659j:plain

昨日、近所のヘルスケアセイジョーに行った時のこと。

オーラルケアコーナーで歯磨き粉を探していると、一つの商品名に目を奪われた。

 

その名も、「スミガキ」

黒いパッケージだったこともあり、ひときわ目立つ。

好奇心を抑えきれず、思わず手に取りマジマジと商品を眺める。

 

なるほど。

「炭+歯磨き」の造語なのか。

 

さらに、サブのキャッチコピーはこう書いてある。

美白スミガキ。

 

炭と美白。

うーん、、、どうにもイメージできない。

むしろ、かけ離れている。

 

さらにパッケージを読み込むことに。

「歯を傷つけにくい炭粒配合のペーストが着色汚れをしっかり落とし、自然な白い歯にする」らしい。

 

へー、そうなんだ!

それなら、ちょっと一回試してみよか!

 

買い物カゴに「スミガキ」を入れ、レジへと向かう。

やられたねw

商品の「ネーミング」で買わされちゃったわ。

 

ちなみに、あなたも昨日の俺みたいに商品の「ネーミング」で思わず購入を決めてしまった・・・みたいな経験ない?

 

事実。

ネーミングを変えただけで、バカ売れしている商品は世の中たくさんある。

例えば、

 

お〜いお茶。(伊藤園

スリムドカン銀座まるかん

鼻セレブネピア

などなど、、、

 

それぐらい商品の「ネーミング」は超大事。

ちなみに、これ。

「日本人向け」だけじゃなく、「外国人向け」にも当てはまるでね。

 

昔、福岡のおみやげ屋で起こったあるちょっとした”事件”を参考に、

ネーミング作りの重要ポイントをしっかり押さえておこまい。

👇

続きをもっと読む