Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

人は怠惰を求めて勤勉に行き着く

怠けを正義に変える同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200521064849j:plain

 

人は怠惰を求めて、勤勉に行き着く。

 

これは哲也という麻雀漫画の中で、房州という男が放った何気ない一言。

これと同じように、かのビル・ゲイツも、

 

難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。
どうしてかって?
だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね。

 

と言い放った逸話はあまりにも有名だ。


人間はどうしようもなく怠け者。


こりゃ、もはや、ぐうの音も出ない真理だわ。

俺も激しく納得。

 
これまでの人類の歴史を振り返れば、

「いかに効率よく、怠けられるか」

を追求してきた結果が今に繋がるわけで。

 

これをオレ流に意訳するなら、

「いかに”アイツら”を骨抜きにするか」

を突き詰めた結果が今に繋がってるとも言えるよね。

 

おっと、ちょっと意訳が雑過ぎた?w

男3兄弟の末っ子のクソガキとして育ってきた後遺症として、そこら辺は大目に見てちょーだいねw

 

まぁとにもかくにも、人はクソ怠け者だってこと。

俺も、あなたも、政治家も、みーんなね。


でも、ただ「人は怠け者である」として片付けちゃ、身も蓋もない話で終わってしまうわな。

「で、その事実を踏まえてどうすんの?」を考えることがめちゃ重要だよね。

 

冒頭の「人は怠惰を求めて、勤勉に行き着く」が、もし真実であるならば、

怠けるためには、それなりの対価が必要だということだ。


怠けるためには、仕組みが必要。

仕組みを作るには、努力が必要。

努力をするには、自己規律が必要。


ということで結果、

死に物狂いに”いま”頑張るんだ、と。


結局、何が言いたいか。

つまり、こういうこと。


実は、「怠ける」を目指すことは正義であり、

最も効率的に成果をあげるためにも、積極的に怠けたいと考え行動すべきだ。

 

柄にもなく、ちょっと哲学過ぎたかな?w

今日は朝から、のむらの怠け論を展開してみた^^

 

ちなみに、あなたはどう思うよ?

あなたの考え、感想、意見など、コメント欄にちょーだいね👍

 


ps.

横浜から全国に配信中。

のむらよしのり公式メールマガジン(無料)

================================

●本業+1のススメ
『情報発信ビジネス最前線とその裏側』

================================

見栄・忖度・建前一切なし!

ブログでは書けない本音や実践して成果が出たこと、失敗したことを日々発信。

メルマガは完全無料。
24時間いつでも解除できます。
あなたに一切リスクや、なんらかの責務はないのでご安心を!


【試しに今すぐ読んでみる】

http://dearnippon.com/web/mail.html