Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

過ぎたる親切、大きな迷惑の典型的な例

時には鬼になれる同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200621065933j:plain

梅雨どきの束の間の晴天。

保土ヶ谷公園を散歩していると、ブルーシートに覆われた砂場を発見。

そこにこう張り紙がされていた。

 

「猫のふん防止のため、使用禁止」

 

これを見て、正直こう思ったね。

 

「(何のために作った砂場なのか・・・)」

 

どうやら他の公園の砂場でも、不衛生という理由でシートで覆われ、ジャングルジムなどの動く遊具は危険だからと撤去(あるいは固定)されてるんだとか。

小さい子供を持つ親の意向が大きく反映してるんかな。

 

他にも、子どもが走ろうものなら、「転ぶからやめなさい」

高いところに登ろうものなら、「落ちたら大変だから降りなさい」

床に落ちた食べ物を拾ったら、「汚いから捨てなさい」

 

とにかく禁止、禁止、禁止。

 

なんだかなぁ。

違和感がハンパねーんだよなー・・・あなたもそう思わん?

 

確かに、大怪我をするリスクからは遠ざけないかん。

でも、何もかも禁止にしたら、子供の思考力や判断力はこの先どうなっちゃうんだろうね。

 

あと、もう一つ。

これは聞く話だけど、過保護な親も増えてるんだってね。

子どもでも歩ける距離なのに、いちいち車で送り迎えをしてあげる。

忘れ物をしたら、届けてあげる。

欲しい物は、何でも買ってあげる。

 

こんな風に育てられたら、子供はどんな大人になってしまうのか。

親の過ぎたる良かれが、生きていく上でもっとも大事な資質である、子供の自立心を奪ってる事実も見過ごせねーわな。

時には、獅子の子落としじゃないけど、あえて負荷を与えてあげるのも親の愛情だと思うけどね。

 

過ぎたるは及ばざるがごとし。

ま、何でも行き過ぎは禁物だってことかいな。

 

 

ps.

こちらもどうぞ。
================================

●本業+1のススメ
『情報発信ビジネス最前線とその裏側』

================================

のむらよしのり公式メールマガジン(無料)

見栄・忖度・建前一切なし!

ブログでは書けない本音や実践して成果が出たこと、失敗したこと、やらかしたことを定期的に横浜から全国に配信中。

メルマガは完全無料。
24時間いつでも解除できます。
あなたに一切リスクや、なんらかの責務はないのでご安心を!


【試しに今すぐ読んでみる】

詳細はこちらから