Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

結果を残す人に共通する3つの特徴はズバリこれ!

謙虚に見習う姿勢を忘れない同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200622061726j:plain

 

『うまくいく人、いかない人』


その差はどこから生まれるのか。

あなたもそんなこと考えたことない?


ちなみに、俺が思うその差はこの3つ。


1.実践経験が圧倒的に長い

たぶんこれは例外はないでしょ。

みんな良い意味で仕事中毒。笑
 
有名人でいえば、

例えば「投資の神様」ウォーレン・バフェットが投資を始めたのは11歳の時。

タイガー・ウッズがゴルフを始めたのはわずか3歳の時。


尊敬する知り合いの経営者さんも全員もれなくそう。

口癖が、「休みってなに?」だったりするしねw

完全に仕事とプライベートの境目がない。要は、仕事を「労働」として捉えてないんだろうね。

 

2.数字に強い

これも例外はないでしょ。

結果を出してる人は、しかるべき数字が全部頭の中に入ってる。

 

経営者でいえば、売上、利益、新規顧客獲得数、リピート率、広告費の投資対効果、など。

営業マンなら、紹介数、見込み客獲得数、成約数、成約率、など。

ビジネスマンだけじゃなく、スポーツ選手もそうだよね。

サッカー選手は、ゴール数、アシスト数、走行距離、パス成功率など。

野球選手は、打率、ヒット数、本塁打数、盗塁率、出塁率など。

 

「計測できないものは、改善できない」ということをよく知ってるからだろうね。

数字が「今やるべきこと」を明確にしてくれる。

 

2.毎日やる優れた習慣を持っている

早起き、一日のフィードバック、大量行動、大量学習、マイルーティンの確立など、、、

毎日欠かさずやってる優れた習慣がある。

 
あと、スピード感もハンパなく早いね。

卓球のように球が飛んできたら、すかさず打ち返すイメージ。

失敗する確率も増えるけど、その分、膨大なデータが経験として蓄積される。

もっと俺も見習わないかんなーと思う今日この頃だわ。^^;



ざっとこの3つ。

どれもあたり前のことっちゃ、あたり前のことなんだけどね。


でも、それを実際できてる人が何人いるかってところだよね。


最後に、もう一個。

最近感銘を受けた大好きな経営者さんの言葉。

 

やるか、やらないか?

甘い!やるか、やりきるかだ!


”差”が生まれるのって、意外とシンプルだったりするよね。


ちなみに、あなたはどう思う?他に何かありそう?

あればコメント欄にぜひ書き込んでちょーだいね👍

 


ps.

告知。
================================

●本業+1のススメ
『情報発信ビジネス最前線とその裏側』

================================

のむらよしのり公式メールマガジン(無料)

見栄・忖度・建前一切なし!

ブログでは書けない本音や実践して成果が出たこと、失敗したこと、やらかしたことを定期的に横浜から全国に配信中。

メルマガは完全無料。
24時間いつでも解除できます。
あなたに一切リスクや、なんらかの責務はないのでご安心を!


【試しに今すぐ読んでみる】

詳細はこちらから