Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える同士へ From:のむらよしのり

警告。メッセージの矢印に気をつけろ!

メッセージの矢印に細心の注意を払う同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200625065908j:plain

@横浜駅の商業施設ビブレ

昨日、仕事終わりにふらっと8Fのブックオフに立ち寄った帰り道のこと。

5Fのメンズフロアーに最近オープンしたっぽい服屋を発見。

何の気なしに、軽くのぞいてみることに。

いろいろ物色していると、すかさず店員さんが話しかけてきた。


「先月、オープンしたお店なんですよ」

「その服は最新のデザインですね」

「このパンツは今なら3割引きですよ」


終始こんな調子。

5分も経たず、お店をあとにした。


けっこうオシャレで良さそうな服が置いてあったけど、たぶんこのお店には二度と行かないかな。


そう思ってしまった理由はただ一つ。

そう。売り込み感がハンパなかったということ。


とにかく自分、自分、自分。


いやーわかるよ、店員さん。めちゃくちゃ売りたいその気持ち。

でも、ごめん。正直こう思ってたわw

 

「先月、オープンしたお店なんですよ」

→「(あっそ、で?)」

「その服は最新のデザインですね」

→「(最新だからって、俺が気に入ると思うなよ。バ◯タレが!)」

「このパンツは今なら3割引きですよ」

→「(なんで値引きされてんの?なんか怪しくね?)」

 

この店員さんに限らず、どうしても自分の商品やお店のことを話してしまいがちになっちゃうよね。^^;


ちなみに、こうしたメッセージのことを、「Meメッセージ」なんて呼ばれたりする。

反対に、その商品を買うと、


「どんなメリットがあるのか?」

「どんな悩みや痛みが解消されるのか?」

「どんな夢や希望が実現するのか?」


こうした”あなた”にフォーカスしたメッセージのことを、「Youメッセージ」なんて呼ばれたりする。


商品がどういったものなのか。素晴らしいサービスなのか。どういうお店のコンセプトなのか。値段が安いのか高いのか・・・etc.

 

それを伝えるのは、後でも全然OK。

まずはこれから。

 

「で?それを手に入れることで、俺にどういったメリットがあるんだい?」


やっぱ、セールスの一丁目一番地は、MeとYouのメッセージの違いだよなー

うんうん。あらためて納得。

 

ところで、服屋の店員さん、読んでくれてる?

 

 

ps.

こちらもおすすめ。ガチで書いてます。

のむらよしのり公式メールマガジン(無料)
================================

●本業+1のススメ
『情報発信ビジネス最前線とその裏側』

================================

見栄・忖度・建前一切なし!

ブログでは書けない本音や実践して成果が出たこと、失敗したこと、やらかしたことを定期的に横浜から全国に配信中。

メルマガは完全無料。
24時間いつでも解除できます。
あなたに一切リスクや、なんらかの責務はないのでご安心を!


【試しに今すぐ読んでみる】

詳細はこちらから