Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える同士へ From:のむらよしのり

ある青年社長のエピソードから学ぶべきたった一つのこととは?

現場主義の同士へ

f:id:y-nomu-1985:20200627084234j:plain

最近、めちゃくちゃ共感したある青年社長のエピソードがこれ。

駅構内でよく見かける、靴やバッグの修理で有名な「ミスターミニット」。

なんと、そこの社長がまだ34歳だと知ってビックリ!俺とほぼ同年代。

しかも、社長に就任したのは28歳の時のこと。

それまで10年連続右肩下がりだった業績を、わずか3年でV字回復に導いたというからさらに驚きだ。

 

そんな28歳の青年社長が、どうやって業績を回復させたのか?

 

最初は、マネージャーという立場で現場を回っていたとのこと。

ところが、本社からは現場感覚ゼロの指示ばかり・・・

現場で働く職人たちはやる気を失う一方だった。

 

現場中心の会社に作り直そうと声を上げ、営業本部長に就任。

さらに、現場からの信頼を勝ち得て社長に就任することになる。

社長に就任してからは、ひたすら店舗を回る日々。


店舗スタッフのいい仕事を褒めまくり、減点方式を排除する。

現場からの要望は、採算度外視で聞き入れて実現する。

現場出身者を、部長以上の役職者に昇格させる。

 

そんなことを繰り返していくうちに、現場と幹部から絶大な信頼を勝ち取っていった。

やがて現場との本音のコミュニケーションがとれるようになっていった。

その結果、前経営陣とうまくいかずに辞めていった社員が、50人以上戻ってきたそうだ。

 

とにかく、現場。現場。現場。

徹底的に現場主義を貫いている。


この姿勢にこそ、仕事の”本質”というものがあるんだろうね。

 

そういえば昔、ある刑事ドラマでこんなセリフが流行ってたっけ?

 

事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!

 

さて、我々も負けじと、今日も”現場”で汗を流すとしよか!

 

 

ps.

こちらもおすすめ。赤裸々に書いてます。

のむらよしのり公式メールマガジン(無料)
================================

●本業+1のススメ
『情報発信ビジネス最前線とその裏側』

================================

見栄・忖度・建前一切なし!

ブログでは書けない本音や実践して成果が出たこと、失敗したこと、やらかしたことを定期的に横浜から全国に配信中。

メルマガは完全無料。
24時間いつでも解除できます。
あなたに一切リスクや、なんらかの責務はないのでご安心を!


【試しに読んでみる】

詳細はこちらから