Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

死ぬまでにしたい10のこと。を観て思ったこと

f:id:y-nomu-1985:20210303130003j:plain

From:のむらよしのり

死ぬまでにしたい10のこと

2002年の映画らしいね。ふと気になって見てみた。
23歳の女性が突然余命2ヶ月と宣告されて、その後どう生きたかって話。

余命〇年。余命〇ヶ月。残された人生をどう生きるか。

まーよくあるストーリーだわ。

余命宣告されて、慌ててノート開いて、残りの人生でやりたいことを10個書きなぐる。
そんなシーンがあるけど、映画を見た人ならみんな心の中でつぶやいたんじゃねーかな。

もう、おせーよ。って。

 

まさか自分が死ぬなんて・・・

若けりゃ、若いほどそう思っちゃうよね。例外にもれず俺もそのクチだよ。
てか、俺なんて120歳まで生きる気満々だもん。

でも、運命って時に残酷よね。

不治の病。不慮の事故。予期せぬ災害。人間関係のもつれによる殺人。
いつ自分がその立場になってもおかしくないんだから。

そういえば昔、大河ドラマ龍馬伝で、高杉晋作が若くして肺結核で死んだとき、福山ふんする坂本龍馬がこう言ってたのを思い出したわ。

「人はなぜ死ぬのか。おまんの役目はもう終わったと、天がそう言うとるがじゃろうか」

役目。使命。人生の意義。

そんなことを人生に求める人もいれば、アドラー心理学のように、特に人生に意味はないという人もいる。

いずれにせよ、一つ確かなのは、死ぬまでにしたいことは「10個」じゃ全然足りねーってことだな。

 

PS.

お金を稼ぐことに特化したメルマガも配信中。

試しに読んでみる