Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ

昔、男性に言い寄られました・・

人として度量の深い同士へ 

f:id:y-nomu-1985:20190321221411p:plain

最近、この映画が世間をにぎわしてるね。

 

「グリーンブック」

 

結論。この映画は見たほうがいいよ。
つべこべ言わず、次の休みにでも見に行っておいでよ。

 

「てか、お前は何を基準に映画の良し悪しを決めてるわけ?」

 

ま、そう思うわな。笑
ちなみに、俺の基準はただ一つ。


「映画を観ている最中にどれだけ自分の頭の中に『?』を作れたか。そして、観終わった後、自分なりの『答え』を導き出せたか」

 

その数が多ければ多いほど、俺にとっては良い作品ってこと。
ちなみに、これは映画だけじゃなく、本も一緒。


しっかり自分の頭で自問自答して、新しい価値観や意見を手に入れることができれば、それは最高のコンテンツってことだね。
「自分の頭で自問自答」がポイントかな。何でも鵜呑みにするんじゃなくてね。


つっても、何のこっちゃわからんわな。。^^;
説明させて。


この映画を「つべこべ言わず観に行け!」そう言い切るくらいだから、たくさんあったんだよね、自問自答する箇所が。

 

それをここで全部ベラベラ語ってもいいんだけど、それはあなたがこの映画を観た後、直接会って語ろまい。

 

今日は一つだけ紹介するね。

 

この映画のキーワードは「人種の多様性と人種差別」かな。

ただ、これだけだったら、他にも同じような映画っていっぱいありそうだよね。

 

プラス、この映画には「性」が題材として取り上げられてる。

そう、セクシャルマイノリティってやつね。

 

昔から、日本は単一民族だし、人種差別やセクシャルマイノリティなどとは無縁の世界で生きてきたよね。無縁は言い過ぎ?まぁなじみは薄いよね。あるとしたら村八分くらいか。

 

だから、こういった題材って、やっぱりどこか対岸の火事というか、現実離れしていて、「俺には関係ねー」みたいに思ってしまいがちでしょ?

 

で、この映画を観て真っ先に思い出したのが、過去の自分の経験なんだよね。

実は俺ね、20代半ばぐらいにスポーツジムで仲良くなった40代くらいのオーストラリア人の男性に言い寄られたことがあるんだよね。

 

英語ではっきりと、アイラブユーと。

もちろん、俺は異性愛者のストレート。

これまで同性を好き(恋愛感情)になったことは一度もないよ。

 

それまで自分の身近にそんな人はいなかったし、出会ったこともない。ましてや、考えたこともない。

 

だからさ、その時の経験って、めちゃくちゃ衝撃的だったんだよね。

「え?何が?だって男?え?俺?」みたいにw

もう、あわわ、、、あわわ、、、((((;゚Д゚)))))))しちゃってさ。頭の中はパニックよ。

 

でも、そこはパニックになりながらも、しっかり相手に俺は同性愛者ではないことを伝えて、最終的には、これまで通り友達として付き合っていこうってなったんだけどね。

 

その後は想像通り、苦悶の日々よ。

いきなり衝撃的なカミングアウトをされて、今まで通りこの人と友情を育んでいけるのかと。

 

結論から言うとね、無理だった。

頭では「友達」だと理解しているつもりでも、体が拒否反応を起こしちゃってね。

 

どう接したらいいのかわからない。思いっきり笑えない。目を見て話せない。

 

そんな状況が続いて、結局どんどん疎遠になってちゃったんだよね。

今思い返してみると、当時はまだ彼を受け入れる器が自分にはなかったんだね。

人としての尊厳は何も変わらないのに、ちっちゃい価値観と偏見に縛られてたよ。

 

このグリーンブックにも似たようなシーンが出てくる。

そして、主人公のトニーはさらっとこう言うのさ。

 


「世の中は俺らが思ってる以上に複雑なものさ」

 

 

くぅ〜心に染みる〜(>_<)


もし、20代の頃の自分もそう言えるだけの度量があったのなら、、、

国境を超えた友情が、今でも続いていたかもしれない。

 

そう思うと、人生ってホント淡く、切なく、味わい深いものだよね^^

おっと、ちょっとキザだったかな。笑


まぁこれだけ聞いても、何のこっちゃわからんわな。

映画の内容やあらすじはここでは詳しく紹介しないから、とりあえず観てみて!

で、またあなたの感想も聞かせてくれよ👍

 

 

 

ps.

今日の話ついでに、これも読んでみて。

昔、書いたセクシャルマイノリティの話。

結構、反響があったものだね。

→ 人としての在り方 - Dear NIPPON

 

 

pps.

ちなみに、「グリーンブック」てどういう意味か?

それはね・・・観てのお楽しみで^^

 

 

ppps.

無料オンライン講座、はじめたよ。

志のある個人起業家以外、受講お断り。

http://dearnippon.com/freeopt

 

pppps.

LINE@もやってます。

もっと本音で言いたい放題w


https://line.me/R/ti/p/%40acs1221i
スマホの人は、2秒で登録完了。

登録後に飛んでくるLINE画像をしっかり拝んでくれw

お金に好かれる人、嫌われる人

清貧の思想に疑問を持つ同士へ

f:id:y-nomu-1985:20190317101107p:plain


お金に対するイメージといえば?

必要不可欠なもの、神聖なもの、便利なもの、
汚いもの、人の心を動かすツール、ステータスシンボル、、、

人それぞれいろんなイメージがあるよね。

じゃあ、こんな質問はどう?


「お金に好かれる人ってどんなイメージ?」


そう聞かれたら、
あなたならなんと答える?

まぁこれは俺の意見だけどね、

お金に好かれる人は、
圧倒的にお金に対してポジティブなイメージを持ってるよね。

たとえば、

お金があると大好きな人と一緒に食事ができるとか、
自由になんでもできるとか、
お金を持つことに肯定的なイメージを持っている。

逆に、

お金に嫌われる人というのは、
お金を汚らわしいもの。または、

お金をたくさん稼いだり、使ったりすることは

ネガティブなイメージを持っている。

ちょっとした意識の差だけど、
これ、バカにできんよね。

お金に対する捉え方が少し違うだけで
長い目で見たら、大きな差となって表れてくるからね。

お金というのは、目的ではなく、
あくまでも人を幸せにするための手段。

そう思ってお金を使うからこそ、
巡り巡ってまた僕たちの元に
戻ってきてくれるんだろうね。

ちなみに、
あなたにとって、お金とはどんなもの?

 

 

ps.

無料オンライン講座、はじめました。

志のある個人起業家以外、受講お断り。

http://dearnippon.com/freeopt

 

pps.

LINE@もやってます。

もっと本音で言いたい放題w


https://line.me/R/ti/p/%40acs1221i
スマホの人は、2秒で登録完了。

登録後に飛んでくるLINE画像をしっかり拝んでくれw