Dear NIPPON

横浜ではたらくマイクロ法人社長のつぶやき

「選択的週休3日制」の言葉の裏を読み取ろう

From:のむらよしのり 横浜駅前のプライベートオフィスより、、、

パナソニック、週休3日制を導入へ。楠見社長が表明
※日経オンラインより

今年のはじめに、しれっとこんなニュースが流れていたのは、まだ記憶に新しい。

パナソニックの社長いわく、「社員の仕事と暮らしのバランスを実現することが会社としての責務だ」とのこと。

増やした分の休日を副業や自己学習、地域ボランティアなどに充ててもらうことを想定しているらしい。

政府もこの「選択的週休3日制」について、「多様な個性と能力を持つ社員がいる。仕事と暮らしのバランスを実現することが会社としての責務だ」と、一定の評価をしてるみたい。

一方、この発表に対してSNS上の世論は、「パナソニックはなんて社員想いなんだ!」「そんなことが本当に実現するのか疑問」「給料を減らさずに実施することが重要」「何年後か何十年後かには週休3日が普通になっていそう」そんな投稿で溢れていた。

まぁ立場によって、いろいろ賛否両論あるみたいだけど、、、

ちなみに、俺個人の率直な感想としては、「いよいよ、あの天下のパナソニックも動いたかぁ...」だね。

ちょっと調べてみたんだけど、パナソニックって、国内外24万人の従業員がいるみたいね。ここで改めて言うまでもなく、泣く子も黙る超巨大企業だよ。

ただ、直近の2020年度の決算で、売上は25年ぶりに7兆円を割ったとのこと。業績不振でトップが変わった矢先に、今回の「選択的週休3日制」を導入すると決めたらしい。

そう。つまり、リストラまではいかないけど、人件費を削減するために、週休3日制導入に踏み切ったとみるのが妥当だわ。

さらに今まで以上に業績不振になれば、十中八九、「リストラ必須」「解雇やむなし」となるだろうね。

さて、この世の中の流れをどう捉えるか。

これでますます個人で稼ぐ、「フリーエイジェント社会」の流れは、間違いなく加速していくと思うよ。言い換えれば、「スペシャリスト社会」とも言えるね。

ところが、あなたもよく知ってのとおり、今でも日本の会社は、社員をいろんな部署にぐるぐる異動させて、中間管理職の経験ばかり増えていくようなケースが大半だわ。

そんな感じで働き続けていれば、「専門性」なんて一切身につくわけがねーわ。

「ゼネラリストを育成する」みたいに横文字を使えば、なんとなく聞こえはいいけど、要するに代替可能(使い捨て)な人材ってことだろ?

これじゃあ、会社という組織から一歩外に出てしまえば、その他大勢の一人になってしまうよね。最悪、会社や組織がなくなれば、それまで築き上げた人的資本もいっしょに消えてなくなる。

だから、会社の都合で、自分の専門と違う部署に異動させられそうになったら、さっさと転職して専門と合う仕事を続けた方が断然賢い選択だよ。市場価値も高まるしね。

想像してみて。今までサッカー選手として飯を食ってきたのに、明日から野球選手になれって言われたとしたら。普通に考えて「ふざけんな!」ってなるだろ。それと同じようなことが、さも当たり前かのように日本の企業で行われてると思うと、アホらしくて付き合っとれんくね?

所属している会社からの評価よりも、市場からの評価を軸に物事を考えられるようになると、一気に選択肢も視野も広がるよ。

 

ps.
無知は罪。労働市場とは別にこちらの市場にも目を向けよう。

こちらをクリック

【名著】お金がめっちゃ好きな人はぜひ!

From:のむらよしのり 横浜駅前のプライベートオフィスより、、、

おすすめ本の紹介。

たぶんあなたも俺と似た価値観の持ち主だと思うから、お金にまつわる本はたくさん読んでると思う。

ちなみに、俺はめっちゃ好きね。お金系の本。

ロバキヨの金持ち父さん貧乏父さん。
キャッシュフロークワドラント。
となりの億万長者。
私の財産告白。本多静六
橘玲さんの著書はほぼ全て完読してる。

そして、この一冊も絶対読むべき本だね。

●バビロンの大富豪【文庫版】
https://amzn.to/3JN4XWI
●漫画版
https://amzn.to/3EmdAX7

言わずと知れた1920年代に書かれたお金に関する名著だ。100年以上読み継がれてると思うと超名作だよね。

ある人は、お金について学びたかったら、最初に読むべき入門書として勧めてる人もいるぐらいよ。銀行マンや保険の外交員、企業の経営者を中心に評判が広がって、今もなおファンが多いみたいね。

どれだけテクノロジーが進化しても変わらない、お金の原理原則がこの本には書かれてるよ。

そして、個人的に思う、この本の一番のハイライトはやっぱりここだね。

本文の中で、「なぜお金持ちと貧乏がいるのか?」「どうしたらお金持ちになれるのか?」の問いに対して、「お金持ちとは、お金を持っている者ではない。お金の増やし方を知っている者だ」と解説されているところ。

具体的に「お金の増やし方」とは何か。それは、以下の7つ。

▼「黄金の7つ道具」

【1】収入の十分の一を貯金せよ
【2】欲望に優先順位を付けよ
【3】貯えた金に働かせよ
【4】危険や天敵から金を堅守せよ
【5】より良きところに住め
【6】今日から未来の生活に備えよ
【7】自分こそを最大の資本にせよ

こうやって箇条書きにすると、どれも当たり前のことなんだけど、すべて実践できてる人なんてほぼ皆無だろうね。

【1】収入の十分の一を貯金せよ
→宵越しの金はもたない。or あるだけ使う。

【2】欲望に優先順位を付けよ
→動物的本能に従い、欲望のおもむくままに散財する。

【3】貯えた金に働かせよ
金利0.001%の銀行預金。or タンス預金。

【4】危険や天敵から金を堅守せよ
→うまそうな話に乗っかりカモられる。

【5】より良きところに住め
→見栄と世間体を気にして、身分不相応なマイホームで多額の借金を背負う。

【6】今日から未来の生活に備えよ
→今さえ楽しければいい。

【7】自分こそを最大の資本にせよ
→向上心0。勉強時間0。チャレンジ精神0。

世の中、こんな人が大半じゃね?笑

こういう名著を読むたびにハッと気付かされるよ。やっぱり原理原則は普遍だ。GW期間中にぜひ。

 

ps.
【3】貯えた金に働かせよ。の一つの最適解がこれ。
↓ ↓ ↓
こちら

目の前のことに集中していこまい

From:のむらよしのり 横浜駅前のプライベートオフィスより、、、

今日からGW。業種によっては10連休になる人もいるみたいね。

てか、10連休て・・・人間腑抜けでアホになるて、、、そりゃ五月病なるものが流行るわけだわ。苦笑

で、あなたは今年のGWはどんな感じ?旅行とか行くの?それとも仕事?

まぁいずれにせよ、依然として世の中はネガティブニュースで溢れていて、なんとなく気持ちはスカッとしないよな。

でも、そんな時でも、コロナの感染者数の上下に一喜一憂することなく、不安定な世界情勢に振り回されることなく、インフレに伴う物価上昇に悲観的になることなく、いま自分にできる、目の前のことに集中していこまい。

・スキルを高める
・知識を得る
・目標設定をする

といった自己成長に直結する活動は、毎日歯を磨くように当たり前にやる。

今、世の中が大きく変わる節目に立たされているかもしれないけど、俺ら一人一人ができることって、実はそう多くはないんだよ。

周囲の雑音に惑わされることなく、ちょっとずついこ。そう。ちょっとずつマイペースで。自分の人生は、自分の責任で切り開くしかないんだからさ。

素敵なGWを!


ps.
俺が信頼してる情報源。連休中にぜひ学んでみて!

※お金に多少の余裕があって、自己責任感が強い人以外は対象外。

こちら