Dear NIPPON

横浜ではたらくマイクロ法人社長のつぶやき

サラリーマンの99%が共感する一番のストレス原因とは?

From:のむらよしのり 保土ヶ谷の自宅より、、、

サラリーマンの一番何がストレスかって、やっぱ部署間の意思疎通だよな。

あなたもそう思わん?

大企業になればなるほど、営業課、経理課、カスタマーサービス課、通関課というように分業制になるのは、あなたもよく知っての通りだ。

ちなみに、これは俺の経験だけど、20代の頃、航空貨物の大手物流会社で通関士として働いていた時、しょっちゅう隣の部署の営業課とケンカをしていたよ。

あくまでも通関課に所属する通関士は、与えられたタスクを迅速かつ正確にこなすことが仕事。一方営業課は、新規のお客さんを開拓して、一件でも多くの仕事をとってくることが仕事になる。

通関課側からすれば、ただでさえ人手が少ないのに手間と時間だけかかって、その割にお金にならない仕事ばかりとってくるな!と主張し、営業課側からすれば、せっかくとってきた仕事なんだから文句を言わずに黙って通関しろ!と主張する。お互い終始こんな関係性だったから、当然良い仕事なんてできるはずがない。

じゃあこんな時どうすればいいか。

こうした心理的ギャップを解消するためには、相手の立場をよく理解するしか方法はない。そのための一番の方法は、相手の仕事を経験すること。そうすることで、今までの見方が一変することがあるからね。

まぁただ、ぶっちゃけこんなの綺麗事だわ。机上の空論とでも言うのかしら。実際のところはそれほど簡単に解決できる問題ではなかったりするのが現実だ。

ちなみに俺は、ガチガチに分業体制を敷く大企業よりも、小規模でもいいから一連の仕事をすべて任せてもらえる中小企業の方が好みね。

というのも、一連の仕事をすべて任されるということで、その分責任は大きくなるけど、仕事をこなす作業効率や意思決定という面で言えば、圧倒的にスピーディーに処理することができるから。加えて、社内間でのやりとりによるストレスが減って、自分のペースで仕事ができるのも大きな魅力だね。

とはいえ、こればっかりは一人一人の好みが分かれるところだで、あなたも働く環境を考える際には、ぜひ頭の片隅にでも入れといてちょーだい。

 

ps.

ちなみに通関士ってどんな職業かって?わかりやすく一冊の本にまとめたもんで、よかったらどうぞ!

→こちら

なぜ、選択肢がない自分を恥じようとしないのか?

From:のむらよしのり 横浜・馬車道通関士オフィスより、、、

たしか30歳を過ぎたあたりだったか。

長い間「E」に属するヤツを観察していて、ある共通項を発見した。

その共通項とはなにか。

それは、どいつもこいつも「他責思考」であるということ。業種業界関係なく、これに例外はない。

やれ会社が悪い。やれ上司が悪い。やれ給料が少ないのは不景気だから。あくまでも「自分は被害者であって、責任は〇〇にある」という思考の癖がガチガチに出来あがってしまっている。

この際だから濁さずはっきり言っておこう。

責任はすべてお前にある。極端な話、雨が降るのもお前のせい。ポストが赤いのもお前のせいだ。人生すべて自己責任だということ。

ブラック企業は悪い。ブラック企業が人を死に追い込む。ブラック企業を撲滅せよ。うんぬん言う前に、それ以外の選択肢がない自分を、なぜ恥じようとしないのかいつも不思議に思う。

だってそうだろ?

選択肢があれば、誰も「奴隷」になんてなろうと思わないんだから。

これまでの過去の自分の行いが今の結果に繋がっている、という小学生でも知っているような事実を棚に上げて、保障を増やせ!給料を上げろ!残業減らせ!などと己の正義ばかり振りかざし過ぎるのも、それはそれでちょっと虫が良すぎるわな。

労働とは、誰かの「ありがとう」を頂く活動である。その「ありがとう」を生み出すために、で、おたくはこれまで何を努力してきたの?とは誰も指摘しない。

「労働者=弱い立場=法律で守られる人たち」という方程式がガチガチに出来上がってるからね。

いまだに世間では「E」に属する人たちに対して同情する声は多い。でも、俺は一切同情しない。なぜなら、この世に「被害者」など一人もいなく、いるのは自ら自分の意志で選択した「志願者」のみだと知っているからだ。

日本酒の製造工程で酒粕という副産物が自然に作られるように、「正社員」を特権階級とする日本的な雇用制度を守り続けようとすればするほど、ブラック企業という副産物が生まれるのもまた必然つーことだ。

ちなみに、あなたはどう思う?

 

ps.
あなたの「ありがとう」の聞きたくて、一生懸命本を書いたよ。通関士に興味がある人はぜひ手に取って読んでみてね。

↓ ↓ ↓

amzn.to



人間にとって一番の恐怖とは何か。それは、、、

From:のむらよしのり 馬車道通関士オフィスより、、、

これは実話。20代の頃、がっつり「E」として働いていた会社員時代の話。

特にやることがないのに、定時の17時半を過ぎてもいっこうに帰ろうとしない10年目の先輩がいた。ある日は1時間。またある日は30分。コツコツ着実に残業時間を積み重ねていた。

そしてある日、俺は興味本位で聞いてみた。

「倉野さん(仮名)は、なんでいつも定時にスパっと帰らないんですか?」

一瞬「え?」という驚きの表情を浮かべたが、すぐさまヘラヘラ笑いながら質問に答えた。

「だって子供のオムツ代の足しになるだろ?」

俺は思った。

(せこ!こいつ、まじクソだな。絶対こいつみたいになりたくねーわ)

そして、同時に俺は悟った。

こんな働き方を何年もしていると、いつか俺もこいつみたいな”クソダセー男”になってしまう。

全員とは言わない。でも、ほとんど「E」で働く人間はそんなヤツらばかりだ。

人間は元来ラクしてトクをしたい生き物。いくら成果を出しても大した評価がされない。一人だけ頑張ったところでアホを見る。サボったもん勝ち。結局年功序列がモノを言う。

そんな世界で長年働いていれば、徐々に「どれだけ世の中に価値を提供できるか?」ではなく、「どれだけラクして給料を得られるか?」という思考回路になってしまう。

そして、コツコツ無駄な残業をしてオムツ代を稼ぐようなせこい人間になるのも時間の問題だ。環境が人をつくるとはよく言ったものだ。それもこれもすべて、日本企業の組織構造上に原因がある。

隣の席にいる先輩。向かいの島にいる上司。それは紛れもなく数年後の自分だ。彼らを通して見える将来の自分。そして、何とも言えない将来への漠然とした不安。

人間にとって一番の恐怖とは何か。将来が見えないことか?

いや違う。将来が”見えてしまう”ことだと俺は思う。

世界は俺らが思っている以上に広い。いろんな人がいるし、いろんな働き方がある。そして、いろんなお金の稼ぎ方がある。最初の一歩は、見聞を広めることから始めよまい。


ps.
もちろん、通関士の中にも”クソダセー奴”はいる。違いは〇〇通関士と〇〇通関士。続きはこちらで。

⇒ Amazon.co.jp: 国際物流業界と通関士の仕事がわかる本 eBook : 中村英俊: 本