Dear NIPPON

親愛なる切磋琢磨し合える友達へ From:のむらよしのり

可能性の中に生きる人生ほど精神的に辛いことはない

From:のむらよしのり

横浜で海の通関士になって1年。

ここ最近「仕事ってやっぱこうだよなー」と、個人的に感じる気づきみたいなことをダラダラ書いてる。

で、今日はその4回目。

自分の適正に合った仕事を探し出すことがめちゃんこ大事って話。

たしかドラッカーだったかな。ある本でこう言ってたんだよね。

最初の就職はくじ引きである。最初に自分の向いた職に出会える可能性は極めて低い。

大学卒業後、セントレア通関士をしていた社会人3年目ぐらいの頃、「俺、ほんとにこの仕事向いてんのかなー」と悶々としていた時にこの言葉に出会ったんだよね。

さすがドラッカー。いいこと言うわ、このオッサン!みたいに一人深く納得してた記憶があるんだけど、ほんとそうだよね。

社会に出る前は誰だって、「自分がどんな能力があるのか?」「どんな仕事が好きか、または得意なのか?」「どんなことなら他人に貢献できるのか?」そんなの全くわかんないじゃん。

てか、わかるわけないよね。実践にクソの役にも立たない机上の空論ばかりをひたすら学校で学んできただけなんだから。

で、俺みたいな素直な人間は、このドラッカーの言葉を知ってこう思うわけ。

「一度っきりの人生を”くじ引き”なんかで決めてたまるか!!」って。

幸い俺自身、一丁前に好奇心だけは旺盛で単純な男だもんで、他にやってみたい事、働いてみたい職業、学んでみたい分野が腐るほどあったんだよね。

そして決めたの。

商店街の福引抽選のガラポンのごとく、くじを一つ一つ引きまくってやろうと。
圧倒的に多い”ハズレくじ”の中から、”アタリくじ”に限りなく近いものを探してやろうと。
興味はあるけど、本当に自分の適性に合うかどうかいろんな職業を試してみようと。

早い話、消去法だよね。自分の可能性を広げるんじゃなくて、可能性を一つ一つ潰していく感覚に近い。

これはあくまでも俺の主観だけど、可能性の中に生きる人生ほど精神的に辛いことはないと思うんだよね。

「もしかしたら、あの仕事の方が自分は向いてるのかな・・・」
「もしかしたら、あの職業の方が自分の適性に合ってるんじゃないか・・・」
「もしかしたら、あの働き方の方が自分にとって幸せなんじゃないか・・・」

こう思いながら生きていくのって辛くない?

少なくとも俺は耐えられんわ、そんな人生。
俺みたいな「生涯現役プレーヤー」として働きたいと思ってる人間からすれば、いくら金が良くっても、”嫌いな仕事”や”不得意な仕事”に人生の大部分を捧げるなんて自殺行為に等しいと思ってるからね。

まぁとはいえ、こればっかりは人それぞれの価値観が、大いに反映してくるところだから良いも悪いもないんだけどね。

ちなみに俺の場合ね。いろいろやってみた結果どうだったか。

一つわかったことは、身体を動かす肉体労働より頭を使う知識労働の方が自分は向いてるということ。もっと言えば、自分の身体的な能力がめっちゃ低いということがわかった。要は、どんくさいってこと。笑

小さい頃からずっとサッカーばかりやってきた肉体派で売ってきた人間からすれば、到底受け入れがたい現実だよ。まさか引きこもりなオタク気質が自分の中に眠ってるとは夢にも思わなんだわ。苦笑

こういった今まで自分でも知らなかった資質を発見するだけでも、随分人生生きやすくなるよね。そのためには、何事も経験せなわからんちゅうことだな。

人生100年時代に、20歳から80歳までの少なくとも60年間、生活のための必要悪と割り切って労働という「苦役」と思いながらやり続けるのか、それとも、自分の好きなこと、得意なことで人に感謝されながらお金を稼ぐのか。

で、お前はどうなん?って話。

長生きするリスクに備えて、今から生涯学習の準備を進めていこまい。


PS.

メルマガも絶賛配信中。
現役通関士でゴリゴリネットビジネスやってますけど、何か?

試しに読んでみる

雇われ感覚を持つ〇〇と個人事業主としての感覚を持つ〇〇

From:のむらよしのり

横浜で海の通関士になって1年。

ここ最近「仕事ってやっぱこうだよなー」と、個人的に感じる気づきみたいなことをダラダラ書いてる。

で、今日はその3回目。

個人事業主」としての感覚を持って仕事をすることの重要性について。

正直「通関士」なんて仕事、めちゃくちゃニッチだし、10人中9人に聴いたら「は?なにその職業?」と言われるのがオチだ。

でも、世の中には絶対必要な仕事なんだよね。かつ、一応国家資格だ。まどろっこしい国内の法律を片手にお堅い税関を相手にしたり、海外の国々の自己満と各々の要求が色濃く反映された国際的な条約も絡んでくるから、それなりの高い専門性や知識・スキルが必要になってくる。

いわゆる、経験がものを言う職業の一つだということ。要は、職人に近い仕事だね。

そんな特殊な仕事を行う「職人」は、さらに2種類に分かれる。

雇われ感覚を持つ通関士個人事業主としての感覚を持つ通関士

今日話したいのは、どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、どっちの通関士が国際物流業界という市場で”より高く売れるか”という話。

ちなみに通関士は、弁護士や行政書士みたいに独立開業することはできないけど、個人事業主として働くことはできるよ。

で、個人事業主としての感覚を持つ俺みたいな通関士はこう思うわけ。

一番高く買ってくれる企業に「通関士のむらよしのり」を売るためにはどうすればいいか?って。

つまり、自分で自分のことを「一商品」として捉えてるということね。

感覚としたら、通関士という国家資格を持っていて、航空の輸出入の通関経験が5年あって、海上の輸出入の通関経験が1年ある。そんな知識とスキルを持った商品(人間)がここにいるけど、おたくの会社いらない?着任初日から即戦力だよ。通常なら時給3000円だけど、今なら会社設立3周年記念で2500円でいいよ。みたいに交渉するわけ。

簡単に言えば、個人が職を求めるという感覚じゃなくて、商品を販売するという感覚に近い。

そう思えば、どこの会社に勤めるかとか、世間に名前の通った企業に就職するとか、ほんとどうでもいいよね。自分という商品を一番高く評価してくれて、「欲しい!」と手を挙げてくれるところに売るだけなんだから。

なんとなく、サッカー選手や野球選手に近いイメージだね。

そのために普段からスキルアップと知識を蓄えることを怠らない。率先していろんな経験を積む。そういう意識を持っていれば、血眼になって目先のベースアップに奔走する労働組合とか、汎用性のきかない社内政治なんかに時間を奪われないで、純粋にスキルアップにフォーカスして自分という商品価値を高めることができるよね。

これが本当の意味での”就職”だと俺は思う。ほとんどの人間がしていることは”就社”だよ。

あ、ちなみに俺ね。

今、一企業の通関課の通関士として、働いとらんでね。

合同会社ディアニッポンの通関士として、今の企業と業務委託契約を結んでる。ちなみに、合同会社ディアニッポンは俺の会社ね。

イメージとしたら、自分の会社から通関士を1名派遣しているという感覚に近いね。その派遣している1名というのが、ただ俺なだけ。

この働き方がどんなメリットがあるか、この感覚がわかってくれる人がいてくれると嬉しいんだけどな・・・

まぁいいや、今日言いたいのは要するにこれ。

雇われ感覚を持つ〇〇ではなく、個人事業主としての感覚を持つ〇〇になろう。

いっぺん「〇〇」に、あなたの今の職業に当てはめてみやーね。きっと目の前の視界が広がるはずだから。


PS.

メルマガも絶賛配信中。
現役通関士がゴリゴリネットビジネスをやる理由を公開中。

試しに読んでみる

 

マンネリ感に襲われたらやるべきたった一つのこと

From:のむらよしのり

横浜で海の通関士になって1年。

ここ最近「仕事ってやっぱこうだよなー」と、個人的に感じる気づきみたいなことをダラダラ書いてる。

で、今日はその2回目。

「前のめり感」と「圧倒的な反復繰り返し作業」をこなして、仕事の全体像が把握できてきた。そして、仕事がだんだんイージーモードになってくると、誰もが必ず襲われる厄介な敵が目の前に現れる。

あなたもよく知っての通り。そう。マンネリね。

このマンネリとどう向き合うかが勝負の分かれ道だったりするよね。

そもそも、なぜマンネリ感に襲われるのか。理由は明白でしょ。

前回、「世の中の9割9分の仕事は、誰でもこなせるようになるんだから、ナメてかかるぐらいがちょうどいい」と書いた最大の根拠でもあるんだけど、ほぼすべての仕事は、毎日変わらない作業を延々と繰り返しているからだ。

つまり、ほぼすべての社会人は、リタイアするまでこのマンネリ感と戦わなくちゃいけない運命にあるということ。

であれば、少しでもマンネリ感を感じないように、何かしら対策を打ちたいところだよね。

ちなみに、マンネリに打ち勝つ方法はこれしかないよ。

自分の頭で考え、新たな目標設定をし続ける。以上。

これしかない。

言うまでもないけど、「今日もまた同じ作業をしなくちゃいけないのか...」と思いながら毎日嫌々仕事をするのと、「今日は◯◯を達成するために取り組もう」と思いながら仕事をするのとでは、雲泥の差じゃんね。

ちなみに、俺の場合ね。

いつも「今やってるこの仕事を、今日辞めるとしたら?」と思いながら仕事をしてるよ。そうすると、やるべきことや達成したいことや学びたいことって腐るほど出てくるからね。

例えば、

・いつ俺がいなくなっていいように、後任用のマニュアルを作る

・1分でも早く仕事を片付ける方法を編み出す

・仕事のミスを少なくするためにチェックリストを作る

・知識0の新人教育用のパワポ資料を作る

・業界の歴史を学んで未来を予想する

などなど。

潰しのきかない社内評価を高める努力をするんじゃなくて、世の中から求められる人物になるために市場価値を高める努力をすることの方が100倍大事だろ。

 

PS.

メルマガも絶賛配信中。
なぜ現役通関士がネットビジネスで金を稼いでるるのか。興味ない?

試しに読んでみる