読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear NIPPON

〜もう一つの東京オリンピックへの道〜

ミッション!48時間以内にアウトプットせよ!

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1652

 

お楽しみ様です。
野村美徳です。

 

かつて松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助さんはこう言ったそうです。

「企業は社会の公器である。したがって、企業は社会とともに発展していくのでなければならない」

 

恐れながら、僕がこの言葉を借りるならば、

「ブログは社会の公器である。したがって、ブログは社会とともに発展していくのでなければならない」

僕はそう思っています。


こうして人目に触れる文章を書くということはそれなりの責任があると僕は思っています。
いちよう僕はそれを常に意識しています。(つもりです。。。)

ただ、それは僕が思っているだけであって、もちろんあなたがそう思う必要は全くないですよ。(^ ^)
もっと気楽に読んでもらって、何かを感じていただければそれで全然OKです。

 

言ってみたら僕という「企業」が生み出す言葉。
たとえそれが一介のつまらん人間の言葉でも、人様に与える影響は0ではないと思うと、下手なことは絶対に書けないな。そう思っています。

 

それともう一つ、
こうしてブログを毎日書くようになって思うのが、
何かものを書いたり、誰かに言ったりする場、つまりアウトプットする環境を作ると、
自分の思考が整理されているように感じます。

 

ある本で確かこんなことが書いてありました。

 

「インプットした内容を48時間以内にアウトプットすると記憶に定着しやすい」

 

本や何かの教材で学んだら、実際に誰かに話したり、こうしてブログに書いたりすると、
より記憶に定着して思考が整理されやすいということです。

 

48時間以内かどうかはわかりませんが、この言葉はその通りかもしれませんね。
僕がけっこうこれを体感しているなので。

 

昨日、一昨日紹介したようなマーケティングやコピーライターについて学んだことをあらためてここでアウトプットする。

そうすると、より僕の知識が定着しています。
そして、読者のあなたにもひょっとしたら何かの学びがあるかもしれない。

 

お互いにメリットがあるのがブログのいいところかもしれませんね。

だから、僕は書き続けます。いやむしろ、書き続けたい。
書き続けなければいけないとも思っています。(^ ^)
(ちょっと大げさかもしれませんけど・・・)


と同時に僕のブログを読んで楽しんでもらいたいな、とも思ってます。
でも、一番はこのブログを読んでるあなたと僕の想いや知識を共有できたらな、と思っています。

 

あと、最後に、
何か知識を定着させたいなと思ったら、学んだことをすぐにアウトプットすることはおすすめです。これは、ほんとに。

 

48時間以内にとなりのあの人を捕まえて、
「夕飯おごるからちょっとわたしの話を聴いて!!」って言ってみるのもありかもしれないですね(^ ^)

それぐらいやる価値はあると思いますよ。いや、マジで。

明日は、
「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」について書きます。

 

PS
今日はここです。

f:id:y-nomu-1985:20160114084516j:plain

フランス北東部に位置するストラスブール(Strasbourg)

すぐ隣にドイツとの国境があります。

ストラスブールのクリスマスマーケットはとても有名ですね。

こうしたアルザス地方の建物はとてもユニークです。見てて飽きないですね。

 

ただ、実はこの地方にはとても悲しい歴史があるのです。

過去ドイツとフランスの争いに何度も翻弄された地域です。

その面影をこの建物たちを通して語りかけてくるようでした。

 

「ペン」で生み出した文章に「剣」を授けよ!
今すぐお問い合わせを。

y_nomu_1985@yahoo.co.jp

文章を”最強のセールス部隊”に変えるコピーライター
のむらよしのり