Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ

おすすめ本 ”四つ話のクローバー”

2020年7月24日 東京オリンピック開幕当日まで、あと1664

お楽しみ様です。
野村美徳です。

 

今日は素敵な本を一冊ご紹介します。

「四つ話のクローバー」水野敬也

f:id:y-nomu-1985:20160102080604j:plain

先日調べ物をしていた時に偶然こんな調査結果を発見しました。

 

「2013年の日本労働組合総連の調査によると、子育てに対する悩みの回答のうち、子育てにかかる金銭的不安(57.5%)に次いで子育ての方法やしつけ(53.2%)が「不安」と感じている」

 

僕はまだ結婚していないですし、ましてや子供を持つ親の気持ちなど到底想像などできません。経験したことがない人からすればただ単に「未知」と表現したほうが良いかもしれません。

 

なので、正直なところ僕は上の調査結果を読んで「ふぅ〜ん、そうなんだ」ぐらいにしか感想を抱くことしかできないのです。

 

でも、もしご結婚されている”パパ”や”ママ”が上の調査結果を読んだなら、ひょっとしたら共感するかもしれません。

 

そこで、今日はそんなパパやママへ、
というと、「お前何にもわかってないじゃん!」と言われるかもしれませんが、それでもこの一冊の本をご紹介せずにはいられないのです。
子供の成長にとっても、そして、これを読まれているあなたにとっても素晴らしい発見があることをお約束します。

 

子育てに奮闘されているパパとママへ

 

特に子育てが苦手な多くの”パパ”にとって、
子供をしつけるのは一苦労。

しかも、父親の威厳を保とうと子供を叱っても、
なかなか響かない。

 

「本当に、メッセージが届いているのか?何も聞いてないんじゃないか?」
「子供の態度がおかしい。体調が悪いのか?」
「伝える言葉かタイミングを間違ってたんじゃないか?」

 

なんてことを思ってしまうくらい、
反応の薄さにがっかりすることもしょっちゅうではないでしょうか。

とはいえ父親として自分の子供を教育することは、
特に幼い子供の成長にとって、なくてはならないものです。

 

しかし、
どうやって上手に子供を教育していくか?

それが問題ですよね。。。
かといって子供を前にビクビクしていますか?
もちろん違います。


          本を利用する

おそらくあなたはこう思ったはずです。なぜ本を使うのか?と。

その点についていくつかの心理学的研究が、読み聞かせが子どもへの影響力が強く、創造力を育くみ、言語能力を高め、人間関係を豊かにすることを報告しています。

 

アメリカでベストセラーとなった『読み聞かせハンドブック』(The Read-Aloud Handbook)を著したトレリースは、「読み聞かせは子どもの興味、情緒的発達、想像力、言語能力を刺激するとし、人間の声は、親が子どもの精神状態を落ち着かせるための最も強力な道具である」としています。

 

さらに、「一緒に本を読むことは、親子の絆を深め、本の内容に対する子供の理解を深める」と子供発育専門家のマルタ・ホッペは言っています。

 

また、読み聞かせは聞き手である子どもだけでなく、読み手である大人にも良い影響をもたらします。つまり読み聞かせは聞き手である子どもだけでなく、読み手である大人にも素晴らしい影響を与える優れたコミュニケーションツールなのです。

 

でも、どんな本を使えばいいのか?
それが一番の悩みどころですよね。

 

そこで今回そんなあなたにこの「四つ話のクローバー」をおすすめします。
ぜひこの本を使ってその効果を試してみてください。

 

     「四つ話のクローバー」を使う

         6つのメリット

 

☑️本を読むのが苦手ですか?でも大丈夫。短いもので30ページ未満、長いもので80ページ未満の4つの物語で構成されているので、本を読む習慣がない人でも飽きる前に読み終わることができます。

 

☑️さらに、それぞれの物語にはイメージを持ちやすくするために挿絵が入っているので、絵本を読んでいるような感覚で読み進めることができます。

 

☑️このたった”一語”に込められた真意とは?この真意を伝えることで、あなたの子供に成功法則を教えることができます。この法則は子供だけでなくあなたにも使えることでしょう。(第1話)

 

☑️なぜいつも人間関係に悩まされるのか?子を持つ親ならできればそんな思いを子供にさせたくないですよね。これがそのたった一つの解決方法です。(第3話)

 

☑️注意!!子供を寝かしつけるときにこの話だけは決して読み聞かせてはいけません。読むどころか嗚咽で先を読めなくなるでしょう。(第4話)

 

☑️もし”幸せ”の本当の意味を知りたいのなら、まず親であるあなたがこの言葉の定義をしっかり持つべきです。その親のあるべき姿に子供は自然と何かを感じるものです。(第2話)

 

お気付きのようにこの本は子供だけでなく、あなたにも素晴らしい影響を与える本です。子供を教育するのではなく、子供と一緒に楽しみながら学ぶことができます。


まずはあなたがその内容を確かめてください。
あなたの価値観に深いインパクを与えることでしょう。

 

2016年の始めにふさわしい一冊です。(^ ^)

 

PS
この著者は他に「夢をかなえるゾウ」という本で有名です。
このシリーズもどれも素晴らしい内容です。
ちなみに僕は1,2,3巻すべて持っています。もちろん四つ話のクローバーも。

 

僕はこの著者の大ファンです。(^ ^)
特にユーモアセンスが抜群です。実はひそかにこの著者を天才と崇めています。笑

 

レジのベルを鳴らす文章を提供します。
今すぐお問い合わせください。

y_nomu_1985@yahoo.co.jp

文章を”最強のセールス部隊”に変えるコピーライター
のむらよしのり