Dear NIPPON

親愛なるすべてのニッポン人へ

世の中に溢れる疑問

わたしは昔から疑問に思っていたことがあります。
それは、

世の中に出回る「商品」や「サービス」の中で、

 

”売れてる商品”というものが、”売れてない商品”よりも本当に優れているのか?
一番”良い”商品が、一番”売れている”のか?
世間から”評価されている”サービスが、最も世の中の”ニーズを満たしている”のか?

 

というものです。

これはあらゆるジャンルにおいてです。
飲食業、ホテル業、IT業界、士業、小売業etc.
知的財産含めて商品やサービスを提供している全ての業界を含みます。

 

たぶんね、
全て”NO”だと思うんです。

 

一番売り方がうまい会社
世の中の人たちにうまくアピールされている商品
正しいメーセージとして相手に宣伝されたサービス

 

こういうものが”売れている”んだと思います。

 

以下読むのに注意!!

不快に思う人もいると思うので、いつも言うことですが、自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

           供給過剰
いまの世の中”良い”商品や”優れた”サービスというものは溢れていると言われています。

そこでまた新たな疑問が生まれます。
世の中の人は溢れるほどその商品やサービスを必要としているのか?


してないですよ。
むしろ、わたしの感覚からするといらないです。

 

溢れる理由はこうです。

 

多くの人は、
パンが好きだから、パン屋をやる。
花が好きだから、花屋をやる。
マッサージするのが得意だから、マッサージ屋をやる。
◯◯が好きだから、◯◯屋をやる。

どういうわけか、
そういう人たちの多くは、そのサービスや商品を”提供”したくて、
”売る”ということをやりたがらないんです。

 

みなさんも一度調べてみてください。

 

日本全国で毎年どれだけ新たに会社が設立されて、どれだけ倒産しているか。
起業して3年以内に7割以上が潰れるわけ。
今やコンビニよりも数が多いといわれる整骨院、歯科医院、美容院業界の実態。
食えない士業の共通点。

 

もう、
ズバリ言います。

 

売り方が下手くそだってことです。
世間に対して発信するメッセージに魅力がないってことです。
その商品やサービスを必要としている人に正しく認識されていないってことです。

 

ここで誤解して欲しくないのは、

決して、
その商品やサービスに魅力がない、というわけではないです。

何かでお店をオープンしたり会社を起業するということは、おそらくその分野にかなり精通しているか、もしくは素晴らしい商品やサービスを提供できる技術を持っている。

だから、

新しく起業するんだと思います。

 

5年後10年後を見据えて、

まずはこの事実を受け止めることが大切だと思います。

 


野村美徳